はるちゃん編集部通信「上町編」

さて、逸品会会員は44店。商店会関係ない集まり。
なので、能代の中心市街地とはいえ、大体5エリア(町)に広がっています。
まずは、私の町「上町・大町エリア」から取材していきましょう。

私の仕事としては、
取材する各店に、取材のお願いと時間を伝えること。
いろんな職種の都合を考えて、飲食のお店の休み時間に取材させてもらうなど、
一番は飲食店から時間を決めて、その前後の店を調整してもらいます。
これがちょっと考えどころなのですが、逸品会はこれまで
「お店巡り」イベントを企画しているのでお願いしやすかったですね。
時間の配分も一店20分くらいで、ということにして。
もちろん!私が先導しますよ。

とりあえず、ここまで準備してましたが、なにせ子ども向けのガイドブック、
なにを取材してもらうのか、ばやっとしてて、はっきりしないまま、
編集部のみなさんの感じるままに回ってもらおうということで。
(カメラのおっちゃんには、ちゃんと取材の焦点をしぼっていかないと
時間の無駄だよ~と言われてたんですけどね。)

f0231147_22484210.jpg


f0231147_239794.jpg


f0231147_239252.jpg


ライターの平川さんは、上町・大町の店が始めてのところがほとんど。
なので、ゆっくりじっくりと話を聞いて、質問していきます。
イラスト担当のmameちゃんも興味深い様子。
町のあちこちも、おもしろいところを見つけてます。
大町の旧竹内旅館。趣のある木造建築です。

f0231147_23115420.jpg


やさしい風さんの壁画。
f0231147_23123571.jpg


黄色いポストも。
ここは、子どもたちに「探してみようポイント」にしよう!ということに。
f0231147_2314227.jpg


f0231147_23144041.jpg


工房陶遊さんでは、練り込み作品に驚き、店主さんの楽しい語りに聞き入り
「知らなかった」と感心しきりでしたね。
f0231147_23183354.jpg


f0231147_23185894.jpg


天洋酒店では、秋田の地酒だけを扱うことの他、いいお酒は料理に使っても
美味しく出来るんだよ、とのいい情報を得ることが出来ました。

平川さんの取材の様子を初めて見ましたが、人の話をこんなに一生懸命
聞く人を見たことがありません。
平川さんがおもしろがったり、感心したり、その真剣な様子に
話す方も思わず、今まで私も聞いたことのないことをぽろっと。

えええ~!それ聞いたこと無いんですけど!

なので、私も一緒に初めてのお店巡りしているような感じになりましたね。

f0231147_23364851.jpg


「藤長」さんでの目の付け所の商品も面白かったです。
この大きな樺細工の電卓。

f0231147_23385086.jpg


f0231147_23391486.jpg


ここでの中から、「学びのコーナー」に「杉桶樽」を選ぶことに。
能代の伝統工芸ということで、子どもたちに伝えようと考えました。

ということで、一日で7店を取材しましたが、おっちゃんの言うとおり
ばやっとしていたので、時間がかかってしまいずれこんでしまいましたし、
平川さんも、どうしていいか、というなかでの取材となり混乱してましたね。
この日はまずは、これで終了となりましたが、
う~ん。
この平川さんが自分だったらどうだろう?と思ったとき、
平川さんと打ち合わせちゃんとしなきゃな~と反省したのでした。とほほ。

しかし、次の日、平川さんから取材からの各店の伝えたい情報を聞いたとき、
その内容が、ぴしっとポイントを押さえていたので驚きました。
さすが、ライターさんです。この人にまかせておけば大丈夫!
どよ~んとしてたのが、うそみたいに楽しくなってきましたよ~!おいおい。
ということで、つづく~。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2018-09-18 00:12 | 能代逸品会 | Comments(0)