こんな記念品が!

さて、鉄道ファンの人気が高い「JR五能線」。
東能代駅から青森県田舎館村・川部駅を結ぶ
147.2キロにわたる線路。
今年全線開通80周年なんですって。
f0231147_23341592.jpg

うちにこんなのあるんです。
なので、80年前の記念品かな~と思ったら
な、なんと!
詳しい人がいるんですよね。教えてもらったら
大正15年に八森の椿駅(現八森駅)まで延伸開業したときの
記念品なのでは、ということでした。
能代線と書いてあるからだそうです。旧字体からもそうでしょうと。
びっくり!
しかし、春慶塗の細身の箸、しかも先端は銀。
いい仕事してますねぇ~。
f0231147_23532153.jpg

秋田市の金銀細工のお店で作ったものでした。
春慶塗は箸にすると、先端が早く傷んでしまうからかな?
ということで、今年80周年の五能線。
これからの季節は、緑と海岸線の海と空の青が美しいです~!
ぜひ一度おいてせくださいませ。
7月30日には能代駅前で楽しいイベントありますよ。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2016-05-16 00:01 | レトロなもの | Comments(0)

GW今年も秋田市の「小松クラフトスペース」さんがやってきました!
f0231147_22353377.jpg

店が初期化~。なんにもないです。
はてさて、どんなふうになるのやら。
f0231147_22373382.jpg


f0231147_22422171.jpg


f0231147_22425647.jpg


f0231147_22432357.jpg


f0231147_22443823.jpg


f0231147_2245972.jpg

「旅する雑貨・工芸展」として、アフリカの布を使ったおしゃれな作品
プティット・アフリケーヌがあったり、ブルガリアの陶器、ヤマブドウのつるかご、
ネックレスなど見たことないような楽しい工芸品がいっぱい!
平山はかり店がこんなに変わりました、が違和感がない!
これはこれでなじんでませんか?
素敵な店内となりました。
3日間たくさんの人たちが来てくださいましたねぇ。
小松クラフトスペースさんのファンが遠くからも。
平山はかり店だけじゃないんですよ。
去年と同様、夢工房咲く・咲くさんでも「アフリカの工芸展」なんです。
f0231147_2375885.jpg


f0231147_2325870.jpg


f0231147_2383087.jpg


f0231147_2392085.jpg

こちらは小松クラフトスペースさんの通称ご隠居さん担当。
アフリカのガーナで集めた布や工芸品が展示されています。
人型の像がすばらしいですね。
f0231147_23164430.jpg


f0231147_23172618.jpg


f0231147_2318453.jpg

アートとしていいなぁと思います。このお顔。
日本の仏像に似たところがあって、見飽きませんね。
f0231147_231919100.jpg

お面もたくさん展示されていますが、いったいどうして
こんな形になったんだろうと思うものばかり。
実際、このアフリカの工芸品が有名なアーティストのヒントになったと
ご隠居さんが教えてくれましたよ。面白い!。
3日間たくさんの人たちが来てくださいましたねぇ。
小松クラフトスペースさんのファンが遠くからも。
3日間あっという間でした。
小松さん、どうもありがとうございました!
次は季節を変えて開催するとのことですよ。
楽しみです。
遠くの国から能代までようこそ~!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2016-05-07 23:30 | 出来事 | Comments(0)

お待たせしました~!
花まりさんで作ってもらった
フラワーアレンジはここへ来たのでした。
f0231147_2241883.jpg

ここは、大曲市駅前の花火通り商店街にある
「毎日大曲」という築80年以上の内蔵をリノベーションしたところ。
地域の魅力を発信する、商店兼交流拠点施設として、このたびオープン。
その「毎日大曲」の中の雑貨店が「ミンカ」さんてす。
f0231147_22531141.jpg


f0231147_22552665.jpg


f0231147_22554734.jpg


実は、昨年から大曲花火通り商店街さんと交流があり、
2回ほど行ってました。
そのときに、拠点を作って大曲で映画を撮るんだということを
聞いていたのでした。
その拠点が紆余曲折の末やっとオープンになったのです!
「毎日大曲」。名前にも思いがこもってます。
大曲市はあの「大曲の花火」で超有名ですね。
でも、花火は年一回一日だけなのです。
なので、そのほかの364日も大曲に来てほしいと。
さぁ、なかを見てみましょう。
f0231147_2385052.jpg


f0231147_2394410.jpg


f0231147_231084.jpg


f0231147_23104711.jpg


f0231147_2312211.jpg

内蔵のなかは「ミンカ」さん。
この店主さんのセレクトする雑貨がすばらしい。
そして、県内の若手作家さんや郷土の工芸を大切に思っています。
郷土の素朴で歴史ある土人形、いいですよね。
秋田の作家さんたちの作品も展示。
今回は酒器です~。
f0231147_23183890.jpg


f0231147_23293034.jpg




f0231147_2330755.jpg


f0231147_23391345.jpg


どれも素敵ですねぇ。ほしい~!
どれも「大曲」なオリジナル商品も販売しています。
f0231147_23411549.jpg


ここが、交流拠点施設であるということ。
まさにその通りなびっくり!なことも。
f0231147_23425850.jpg


ここで偶然一緒になった大学生。
実は、何日か前にうちの店に来てくれた若者だったんです。
まちづくりに興味があって、ということだったんですけど。
そのときに、花火通り商店街の活動がすごいねぇと
話してたんですよ。
そして、ここだけのお酒を販売している斉藤酒米店さんとも
お会いでき、話もはずんでお酒も購入出来ました!
きっとこういうことが起こる場所となるんでしょう。ここは。
面白いですねぇ。

さぁ、せっかく花火通り商店街に来たのですから、
あちこち行きましょう。いいお店があるんです。
f0231147_23541852.jpg

和装・はきもの加藤さん。いいものをセレクトしてます。
f0231147_23553610.jpg


f0231147_23555837.jpg


f0231147_23561432.jpg

菓子司「つじや」さん。大曲に来たらここの三杯もちですよ。
とうふかまぼこもおいしいです。
県南の名物ですよ。
大曲へ来たら、ぜひお店巡りしてみてね。
大曲は店主さんたち、男が熱い!ところなんですよ。
きっと楽しいですよ~!ぜひどうぞ!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2016-05-01 23:30 | お気に入り | Comments(0)