さて、能代逸品会お店めぐりの天洋酒店で
 すっかり日本酒に目覚めてしまったはるちゃんでございます。
 幸いなことに、ほんの目と鼻の先には
 能代の蔵元「喜久水酒造」さんがあるんですよ。
 ちょうど用事があって寄ったときに
 「うちのはかりが使われているところ写真撮りたいんですけど~」
 「あっ、いいですよ~!」
 と、快く応じて下さいました。

 ということで、ちょうど新酒の仕込み作業が始まったところにお邪魔してきました。
 喜久水酒造さんは明治八年創業の歴史ある蔵元。
 能代で大変親しまれているお酒です。
 作っているところを見ることが出来るなんてわくわくしますね。
f0231147_22471410.jpg

f0231147_22475893.jpg

 よく見ると、緑色の上皿自動はかりがありますよ。
 洗米、浸漬のあと脱水して重さを量るという作業だそう。
 みなさん、黙々と準備してます。
f0231147_225377.jpg

f0231147_2259258.jpg

f0231147_22572418.jpg

f0231147_23114319.jpg

 ぴりぴりと張り詰めた雰囲気のなか作業が始まりました。
 時間とのたたかいのなか、
 あうんの呼吸で無駄の一切無い仕事ぶりに驚きました。
 今年の冬は寒いのです。水の中の仕事なんですよ。
f0231147_2312287.jpg

f0231147_23143865.jpg

f0231147_23151867.jpg

f0231147_23161676.jpg

 上皿自動はかり、役に立ってますねぇ!
 「無くてはならないものですよ」
 と言ってもらい、うれしかったです。
 少しの時間でしたが、すごい仕事を見せてもらいました。
 七代目(予定)喜一郎さんが、スタッフさんそれぞれの責任ある仕事があってこその
 喜久水なんだと話してくださいました。
 お話から、働くスタッフさんを大切にしている様子が伝わって
 だから美味しいお酒ができるんだな~と。
 ありがとうございました!
 新酒の完成が楽しみです。

 
 ということで、秋田のお酒だけ販売してる「天洋酒店」さんへ。
 喜久水さんのお酒について教えてもらいにね。
 喜久水さんは、とにかく杜氏さん始めスタッフがすばらしいとのこと(やっぱりね)。
 あとはお酒をトンネル貯蔵していること。
 JRから譲ってもらったレンガ造りのトンネル(全長100メートル)。
 一年通して庫温が11℃に保たれていて、日が当たらないことが
 お酒の貯蔵に最適なんだそうですよ。
f0231147_23401693.jpg

 喜久水さんの数あるお酒の中からオススメなのがこれ。
 「亀の舞」これはフルーティで美味しかった~。
f0231147_23424568.jpg

 天洋さんイチオシが秋田杉の箱入り「純米大吟醸 朱金泥 能代」
 試飲させてもらいましたが、
 すっきりとしてバランスのいい美味しいお酒でしたねぇ。
 手頃なものから、先日舞妓さんと共にごちそうになった
 とびきり1本10万のものまで、いろいろありますよ。
 今回、その作業を見せていただいて、
 こんなにたいへんな中から生まれてくる生き物のようなお酒。
 今年のお酒はどんなふうに仕上がるのでしょう。
 これからも楽しんでじっくり味わいたいと思います。

 喜久水酒造http://kikusuisyuzo.com/?page_id=19 
 能代市万町6-37
 ℡0185-52-2271
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-12-23 23:52 | まちなか紹介 | Comments(2)

 さて、南三陸町を案内して貰った後は、民宿「なか」さんへ。
f0231147_22184960.jpg

 そこで、岡山県笠岡市からの参加者さんたち、酒田市からの参加者さんと交流です。
f0231147_22232458.jpg

f0231147_22304725.jpg

 笠岡のみなさんは、もう30回以上「福興市」に参加しているんですよ。
 毎回、1300㎞を一昼夜かけて!
 最初は夏のゆかたを被災者の方達へ届けたそうです。
 たいへん喜ばれたそうで、今は着物を安く販売していますよ。
 酒田の中通り商店街さんは、山形名物芋煮汁や玉こんにゃくなど販売。
 本当に良く続けているなと思ったら、
 待っててくれる人がいるから、と言ってましたね。
f0231147_22462245.jpg

 なんと南三陸町長さん、福興市実行委員長山内さんも一緒に交流です。
 山内さんの震災直後から今までのお話を聞いて
 復興への強い思いを感じることが出来ました。
 みんなで写真をとるとき、笠岡の名物「カブトガニ~」と言うんです、
 と教えてもらいましたよ。
 いろんなお話をして楽しいひとときでした。
 さぁ、次の日はいよいよ「福興市」へ参加しますよ。
f0231147_23204884.jpg

f0231147_23223020.jpg

f0231147_23271875.jpg

 41回目となる今回は34の団体と店舗が出店しています。
 天気もなんとかもちそう。
f0231147_22371791.jpg

f0231147_2313621.jpg

f0231147_22383185.jpg

 常盤の野菜と能代逸品会からの商品、能代の銘菓「翁飴」など販売します。
 毛糸の大阪屋さん手作りの帽子は私たちもかぶって宣伝したせいか(?)
 すぐに完売となってしまいました。
 しげちゃんの漬け物も人気でした。桧山納豆も!
 のしろ木工品市場の木のスプーンやヘラも販売したのですけど
 購入してくれたお客さんが、
 「全部流されちゃってね、いろいろもらったりしたんだけど、
 前にこんなスプーンもってたから買っていくわ」
 と話してくれたのにはなんとも言葉が出ませんでした。
 翁飴を試食して購入してくれたおじさんは、写真を撮ってくれて
 わざわざ送ってくれたんですよ。ありがとうございました!
f0231147_22443695.jpg

f0231147_2245875.jpg

 酒田の佐藤さんは玉こんにゃくで出店、気がついたら完売でした。
f0231147_22464628.jpg
 
f0231147_22471068.jpg

 笠岡のみなさんのテントです。きれいな着物がいっぱいでしたね。
 ものすごく安かった。人気でしたねぇ。
f0231147_22492981.jpg

f0231147_22504690.jpg

 今回志津川中学校の全生徒が参加して、お手伝いしてくれたり
 ロング巻き寿司を作るイベントに参加してくれたりと大活躍でしたよ。
 私たちの隣のブースでお手伝いしてた女子中学生は、
 試食の漬け物をもってず~っと大きな声で呼び込みしてました。
 一生懸命な姿があんまりかわいくて、サンタさんプレゼントしてきました~!
f0231147_239639.jpg

f0231147_2310170.jpg

f0231147_23102652.jpg

f0231147_23112569.jpg

 そして、帰る時間となった頃、軽快な太鼓の音が聞こえて行って見ると
 なんと「鹿踊り」が始まったではありませんか!
 ぜひ一度見てみたいと思っていたのでもう感激でした。
 南三陸町でいい体験をさせてもらいました。
 さぁ、帰りは仮設商店街「さんさん商店街」でおみやげを買いましょう。
f0231147_22252433.jpg

f0231147_2226221.jpg

f0231147_2227889.jpg

 ここでは、福興市に出店した方達とも、また会いました。
 みなさん、必ずここで買い物してから帰るとのこと。
 美味しいものたくさんあるんです。
 短い時間でしたが、来てよかったですね。
 
 そして、福興市で出会った「南三陸復興ダコの会」さんから
 うちの店へやってきましたよ~!
f0231147_22352783.jpg

f0231147_2237771.jpg

 うちにピッタリ!「5を書く定規」です。
 はかり屋らしい目盛りつきの縁起のいいもの。
f0231147_22384137.jpg

 まゆ細工も来ました。かわいい羊ちゃんです。
 来年の干支ですから。
 うちらしくちょこっとでも復興お手伝い。
 うちで置いて販売しますのでよろしくお願いします!
 
 これからも応援していきたいですね。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-12-15 23:35 | 出来事 | Comments(0)

 ちょっと前ですが、南三陸町で毎月最終日曜日に開催されている
 「福興市」に参加してきました。
 東日本大震災から3年となり今更ですが、行くことが出来たことに感謝しています。
 
 今回行くことが出来たのは、のしろ白神ネットワーク昨年のフォーラムで講演いただいた
 早稲田エコステーション研究所・代表 藤村望洋先生が中心となって取り組んでいる
 「ぼうさい朝市ネットワーク」に参加することになったためです。

 これは、藤村先生が阪神淡路大震災の経験から、いざという時に地域を越えて助け合える
 防災ネットワークを作ろうと2008年から始めたもの。
 商店街振興×防災というキーワードで全国15地域(昔の北前船ルートを結んで)の商店街や
 NPO法人が各地の特産品を集めて物産市を開いて、そこで防災に関するイベントもやるのです。
 普段からメンバーの商店街同士が交流して、いざ災害がおきたときには
 お互いが協力するということですね。

 ということで、2011年3月の東日本大震災ではこれが大いに役立ったということでした。
 メンバーの山形県酒田市の中通り商店街に、全国のメンバーから救援物資が集まり
 酒田から南三陸町へ輸送することができたのです。
 そして、絶望の中にいる被災した商人のために、ぼうさい朝市メンバー、地元商店街の
 方や商工会が物産市を開催したのが、次の月4月末。
 復興の願いをこめて「福を興す市」の「福興市」という名前で、地域通貨「タコ」を作って
 町民一人300タコずつ配ってそれで買い物してもらったということです。

 それが第1回。それから今回で、なんと41回目になるのです。
 今回は、岡山、大阪、酒田からの参加者さんとも交流してきました。

 こちらからは常盤ときめき隊4人と私と能登さんの6人。 
 朝早く出発してお昼のあと、まずは林業の町住田町の木造役場を見学。
 同じく木都能代として、木にこだわった活動をしているものとしては
 ここは見なくてはならない所でしたねぇ。
f0231147_22502667.jpg
f0231147_22542562.jpg

f0231147_22533288.jpg
 
f0231147_22565581.jpg
f0231147_22592594.jpg
f0231147_2302110.jpg
f0231147_2314124.jpg
f0231147_2322022.jpg
f0231147_2332611.jpg

 新庁舎は震災前から計画されたもので、費用は基金の積み立て、
 庁舎の73%は町内の木で出来ています。
 トラス梁という、3本の木材を組み合わせた大きな梁により
 大きな空間を支える仕組みとなっています。
 壁はラチス耐力壁という、地震に強い格子状で国内初の実用化だそう。
 とにかく、木がふんだんに使われていて気持ちいい空間ですねぇ。
 木質ペレットで冷暖房しているそうですよ。
 子どものための空間と授乳室も完備。
 仕切りのないオープンな仕事場です。
f0231147_23295234.jpg

f0231147_2331730.jpg
f0231147_2332227.jpg

 町長室にも入れてもらいました。
f0231147_23343582.jpg
f0231147_23352281.jpg

 自動販売機コーナーも木の空間でしたね。
 すばらしい新庁舎でした。
 ご案内していただきありがとうございました。

 さあ、もうすぐ南三陸町です。
f0231147_23421999.jpg
f0231147_2342454.jpg
f0231147_2343282.jpg

f0231147_23474152.jpg

 着いたらすぐに大阪みつや商店街の方達と一緒に南三陸町を案内してもらいます。
 思ったよりまだまだ復興は進んでないようで、まだ20%くらいですとのこと。
 高台にあった志津川中学校の一階部分まで津波が来たそうです。
 こんな所まで、というくらい高いところなんですけどね。
 テレビで見てた防災センターも骨組みだけが残ってましたが
 こちらも、こんなに高い建物だったんだ、と見て思いました。
f0231147_23571626.jpg

 さんさん商店街で大阪みつや商店街の方達と交流。
 明るい方達ばかりで、南三陸町とも深いおつきあいの様子が伝わってきましたね。
 と、ここまで続きはまた明日。
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-12-14 23:43 | 出来事 | Comments(0)

f0231147_22424019.jpg
f0231147_22432480.jpg

 さて、ここは夢工房咲く・咲くの駐車場。
 常盤ときめき隊「日曜朝市」会場です。
 ときめきプロジェクトでは、この朝市会場に庇とウッドブロック舗装を設置しました。
 雨の日でも市が開けるようにね。
 どちらも常盤の木を使っています。
 ウッドブロック舗装は木高研との協働実験で
 防腐剤ありのブロックと無しのブロックの比較など見る予定です。
 ということで、ブロック数2000個をメンバーみんなで並べていきます。
f0231147_22541643.jpg

f0231147_22544962.jpg

 大小組み合わせて、きれいに敷き詰めていきますよ。
f0231147_22574276.jpg

 このなかに裏側に一人一人名前を書いたブロックがあるんです。
 もちろん「はかり屋はるちゃん」のもね。
 そして、完成して3日後、「ときめき朝市最終市」がここで開催されました。
f0231147_2372784.jpg

f0231147_238294.jpg
f0231147_2392643.jpg

f0231147_23175984.jpg

 最終市ということで、たくさんの方達が来てくれました。
 漬け物やジャムをのっけたクラッカー、
 でらっと常盤の野菜で作った「だまこ鍋」をみなさんに振る舞います。
 この日は天気も良くて、ウッドブロックに木製机が似合いますね。
 ちょうど「夢工房咲く・咲く」も二周年で「ときめきマルシェ」として
 野菜の他、陶芸作品、雑貨など販売しました。
f0231147_23261949.jpg
f0231147_23265177.jpg
f0231147_23281663.jpg

 みなさんゆっくりとだまこ鍋を食べたり、展示を見たりと楽しんでくれました。
f0231147_23311029.jpg

 メンバー、石川さんと岩村さん
f0231147_2332693.jpg

 チヨちゃんは最高齢でがんばりました。
f0231147_2333136.jpg

 ふさこさんと岩村かあさん。
f0231147_23351520.jpg

 斉藤さんとひでこさん。
f0231147_2337657.jpg

 そして、だまこ鍋で大忙しのしげちゃん。
f0231147_2339432.jpg

 終了後メンバーでだまこ鍋打ち上げでした。
 みなさん、半年間お疲れ様でした。
 たくさんのお客さんたちが毎回かかさず来てくれました。
 ありがとうございました!
f0231147_2342417.jpg

 みんなで記念撮影です。
f0231147_23463367.jpg

 お客さんに「寂しくなるわ~」「また来年ね」と言われたのがうれしいですね。
 また来年の「ときめき朝市」をお楽しみに!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-12-06 23:53 | 上町すみれ会 | Comments(0)