22日からいよいよ始まりましたよ~!
 7年目となるNPO常盤ときめき隊「日曜朝市」が
 上町の夢工房咲く・咲くさんで開催されました。
 この日を楽しみにしていた人多いんですよ。
 やはり、安心安全新鮮朝取り野菜のおいしさと
 常盤ときめき隊員の真面目な人柄が人気なんですよね。
f0231147_23244787.jpg
f0231147_2325223.jpg

 いい日曜市日和となりましたよ。
 さて、午前10時開始なのですが、
 今回だけ、9時30分前からぞくぞくとお客さんが集まってきました。
 それは、なぜか?
 なんと、今回の新企画「ときめき朝市体操」に参加するためなんです。
 朝市を待っている時間を利用して
 「体操」で健康づくりをしようということで。
f0231147_23341443.jpg

 これは打ち合わせの様子。
 体操は体操でも、だれでもすぐ覚えられて親しみやすいものに、
 という難しい注文に応えてくれたのは、
 秋田県立大学 総合科学教育研究センター内山応信准教授。
 そして、体操を続けてもらう楽しい仕組みとして
 「能代健康チャレンジポイント事業」とタイアップしました。
 体操すると5ポイントがもらえて、
 貯まると(500ポイント以上1200ポイントまで)
 ダンクカードポイントと交換できるんですよ。
 なので、能代市健康つくり課 大山さんも打ち合わせ中。
 この取り組みを考えて下さった木高研の渡辺准教授も一緒です。
 そして、内山先生から教えてもらって体操のお姉さん(?)になるのが
 な、なんと、はるちゃんといつもお手伝いしてくれる相澤こう子さん!
f0231147_2351186.jpg
 
f0231147_23511829.jpg

 決して怪しいものではありません~。
 バランスと転倒防止を考えたストレッチを5つ組み合わせて
 秋田県民にはなじみのある「秋田音頭」に合わせての体操なんです。
 健康づくりは、災害時、自分で判断し自分で避難できることにつながります。
 常盤地区と町中の交流はこれも災害時協力という意味もあります
 ということで、体操と市を楽しみながら「結果防災」に
 つなげていこうという目標があるんです。
f0231147_094158.jpg

 さぁ、当日の様子
 まずは、健康づくり課大山さんが「健康チャレンジポイント事業」の説明です。 
f0231147_010771.jpg
f0231147_0103631.jpg

 それから、体操前に体をほぐしていきます。
f0231147_2230852.jpg

f0231147_0124265.jpg

 隣の人どうしで仲良く体を引っ張り合います。
 「おお~、けっこう効く~」
f0231147_22285946.jpg

f0231147_22292932.jpg

f0231147_22294526.jpg

 さぁ、「秋田音頭」に合わせてストレッチ体操ですよ~。
 みなさんすごい優秀で、きちんと体を動かしてます!
 無理せず、腰掛けながら参加の人もいますね。
 体操の合間に手拍子もあるので、秋田音頭はバッチリ!
 3分で終了なのでちょうどいい時間だと思います。
 ゆっくりとした運動なので、みなさん疲れた様子もなく
 大変楽しく出来たよ~と言うかたが多かったです。
 というより、その一言かけてみなさん日曜市へ飛んでいきました~。
f0231147_22424872.jpg

f0231147_22432912.jpg

f0231147_22434883.jpg

f0231147_22441437.jpg

f0231147_2244286.jpg

 こんなにたくさんの方達が来てくれたんです。
 北羽新報社さんのご協力で日曜市の告知をしてもらったりで
 スタッフ合わせて、約60人くらいでしたか。
 久しぶりの再会に「元気だった?」「コレどうやって食べるの?」とか
 会員たちとの会話も弾んでましたね。
 今回アンケートも記入してもらうと、
 自分自身の転倒しやすさなどがわかるんです。
 内山先生からアドバイスもありましたので、これも喜んでもらえましたね。
 ということで、初回は大盛況でした。
 次回からも体操を続けて、おいしい野菜を食べて健康づくりがんばりましょう!
 
 
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-06-28 23:53 | 上町すみれ会 | Comments(0)

 今日で52年の幕を閉じる「喫茶みむら」
 実はもうひとつの「ありがとう」です。
f0231147_2391893.jpg

 開店の日からずっとコーヒー豆を量ってきた大切なはかり。
 長い年月にもかかわらずきれいですね。
 うちから買ったものだそうですよ。
f0231147_23214627.jpg

f0231147_23305276.jpg

 使い込まれた道具って
 なんともいいです。
 みんなそろって一杯のおいしいコーヒーになるんですね。

 今日は秋田市から「むぎ巻き」取材してくれたカメラマンさんが
 自分の休みにわざわざ来てくれたんです。
 「喫茶みむら」のうわさを聞いてね。
 このはかりを見せてもらって感激してました。
 はるちゃんも感激です。
 はかりと、わざわざ来てくれたことにね。

 このはかり、この後うちに飾らせてもらう事になりました。
 52年の歴史あるはかり、ぜひ見てくださいね。
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-06-20 23:55 | 出来事 | Comments(0)

 能代で一番歴史ある「喫茶みむら」
f0231147_17232283.jpg

 6月20日でその歴史の幕を閉じることになりました。
f0231147_1725449.jpg

f0231147_17262285.jpg

f0231147_17404515.jpg

 52年という重みのあるこの空間で
 たくさんのことを語り、
 たくさんのことを教えてもらいました。
f0231147_1745996.jpg

f0231147_20443229.jpg

f0231147_2046565.jpg

 かっこいいジャズレコードジャケット展、
f0231147_17454810.jpg

f0231147_20461391.jpg

f0231147_1750727.jpg

 アーティストのマスターの作品展
f0231147_20541987.jpg

f0231147_17473661.jpg

 マスターから広がった慧くんの作品展などなど
 どれもこれもすばらしい展示でした。
 うちの店の展示にどれほど影響をあたえてくれたことか。
 
 ここから発信していたものは
 きっと多くの人たちに届いていることと思いますね。
 アートだったり、音楽だったり、世界だったり。
 コーヒー一杯からね。
f0231147_2195087.jpg

f0231147_211025100.jpg

f0231147_21111967.jpg

f0231147_21114685.jpg

 アーティストであるマスターの絵。
 これからのご活躍を楽しみにしています。
 といいながら、うちのお店のロゴのことや
 「まちなか美術展」のことにアドバイスをお願いしているのです。へへ。
 
 うれしいことに、長年「みむら」で使われてきた「はかり」を
 うちの店に展示させてもらう事になりました。
 うちから買ったものだそう。
 大変うれしいことです。
 「喫茶みむら」ありがとうございました!
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-06-18 17:55 | まちなか紹介 | Comments(0)

 北限のお茶として有名な能代の「桧山茶」
 「のしろ逸品デー」で、お茶と一口お菓子をサービスしていますが、
 今回は桧山茶の新茶をサービスすることにしました。
 連絡したのが、ちょうど新茶の葉を摘んでいるときで
 なんと、新茶の一番始めのお茶を分けてもらう事が出来たんです!
 桧山地区でほんの少しだけしか出来ない貴重なもの。
 それもお茶の木が原種のままで残っているのから摘むのです。
 そして、その摘み取った葉っぱを手揉みしたのが
 静岡県茶揉み保存会 教師 畠山 仁先生
 手揉みの技がすごい方で、とても有名な先生。
 札幌から3週間の予定で能代へ来て下さっているのですが、
 古いものが好きというお話から、
 雨が降ったら作業が出来ないので、うちを見に来てくれるということに。
 なんというか、ラッキーというかちょうど雨となったんです。

 ということで、畠山先生が来て下さいました!
 平山商店に入るなり、あちこち見て喜んでますよ。
f0231147_2320975.jpg

 引き出しの中も見てもらいました。
 先生がゆっくり見た後で、厚かましいお願いをしたんです。
 「先生、桧山茶のおいしい入れ方を教えて下さい」
 先生は快く引き受けて下さいました。
 これはすごいことで、一緒に来た茶誠堂さん、保存会の人も
 先生がお茶をいれるの初めて見る、と興奮した様子でしたから。
f0231147_2331251.jpg

 わが家のお茶道具で。
 まずは、茶碗にお湯を入れます。急須にも。
 湯冷ましとともに茶碗を温めることができますね。
 そして、お茶の葉を量ります。一人分は3㌘。
 ここで、タニタのデジタルクッキングスケールが大活躍。
 良く量れるといってくれましたよ。
f0231147_233729.jpg

f0231147_23372696.jpg

 しかし、このお茶の葉。針のようです。
f0231147_23404936.jpg

 剣先と言うそうですが、針の先のところは葉っぱの茎の方。
 剣先は折れやすいそうですが、この桧山茶はみんな剣先があって
 すごい良い出来だそうです。
f0231147_23485354.jpg

f0231147_23513762.jpg

 お茶碗から急須にお湯を注ぎ、2分半くらい待ちます。
 ここで大事なことは、お湯の温度。約60℃くらいが最適。
 普通のお茶の感覚からいうとぬるいですね。
 お茶碗は熱く、なかのお茶はそれよりひとまわり、ふたまわり低い温度がよく、
 そうすると口ざわりがいいということでした。
f0231147_005473.jpg

 そして、少しずつ少しずつ注いでいきます。順番にね。
 最後の一滴には甘みなどが凝縮しているのできっちりと。
 お茶の色は薄いな~と思ったら、
 桧山茶というのは、昔からのお茶にある「山吹色」なんです。
 力強い色という表現があるんですよ、と教えてくれます。
f0231147_082863.jpg

 いよいよみなさんで飲みますよ~。わくわくしますよね。
 ごくっと一度に飲まないで、ころがすように飲んでね。
 いや~!なんとも飲んだ後の後味がすごい。
 甘みと渋みがふわっと口の中で広がるんですよ。
 みなさん、びっくりしてましたね。
 桧山茶と言わず、煎茶や玉露もこのやり方で入れてみて下さいね。
 いままでのお茶の味が変わりますよ。
f0231147_0191683.jpg
 
f0231147_0193668.jpg

 最後に、入れた後のお茶の葉はそのまま食べることが出来るんだよ。
 ポン酢かけたり、佃煮にしたりと利用できるそう。
 しかし、色がきれい。そしてまた元の葉っぱの形にもどってますよ。
 すばらしいお茶のひとときでしたねぇ。
 感激です。その後でお昼ご一緒させてもらいましたが
 いろいろお話出来て楽しかったです。
 いい逸品デーとなりました。
 畠山先生、茶誠堂さんありがとうございました!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-06-14 23:45 | 能代逸品会 | Comments(4)

f0231147_23195090.jpg

f0231147_23204568.jpg

 さて、一年で一番花が楽しみな季節となりました。
 「バラが咲いてますよ~」
 というお知らせに、さっそく行ってきました。
 能代のおとなり八峰町の羽賀さんのお庭です。
 去年おじゃましてホント癒されたんですよ~。
f0231147_23271950.jpg

f0231147_23281685.jpg

f0231147_23295124.jpg

f0231147_23304337.jpg

 おうちが花で覆われてしまってます。
 この白いモッコウバラは屋根まで。
 バラのトンネルがすばらしいんです。
f0231147_23363312.jpg

f0231147_23365231.jpg

f0231147_23375255.jpg
f0231147_2339897.jpg

f0231147_23451668.jpg

f0231147_23453275.jpg

 香りをお届けできなくて残念ですが、
 バラのいい匂いがするんですよ。
 バラ以外のお花もきれいでしたね。
 大好きなクレマチスも。
f0231147_23504469.jpg

f0231147_23514350.jpg

f0231147_23522251.jpg

f0231147_23541418.jpg

 今年はオープンガーデンには参加していないのですが、
 お友達やご近所さんがゆっくり見てました。
 一日いても飽きないお庭。
 お手入れは大変かと思いますが、
 その分すばらしいお花になるんですよね。
 のびのびと育つ花は、見ていて気持ちいいです。
 素敵なお庭を見せていただき、ありがとうございました!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-06-09 23:47 | お気に入り | Comments(2)

 さて、平山商店の改装も終わりに近づいてきました。
 前は、こんな感じでした。
f0231147_2262156.jpg

 これはこれでよかったのですが、
 いろんな展示をするのに、もうちょっとスペースがほしいのと、
 隣の秋銀が移転して解体したら、北側が丸見えになったので。
 イメージとしては、もっとさっぱりとして昔のようにしたいと。
f0231147_22324186.jpg

f0231147_22362811.jpg

f0231147_2237341.jpg

f0231147_22381388.jpg
f0231147_22383013.jpg

 昔の蔵で使われていたものを利用してもらったり、
 途中、ウィンドウの板の下から昔の教科書などが出てきたりと
 どうなることやらの日々でしたが、
 田村さんや大工さんたちのすばらしい働きで
 イメージが形になりましたよ~!
f0231147_22461022.jpg

f0231147_22465420.jpg

f0231147_22474243.jpg

 店内と北側の店側です。
 どうでしょうか?
f0231147_22532395.jpg

f0231147_22542546.jpg

 階段を隠して、そこに昔のものをはめてみました。
 そして昔の棹秤を下げてますよ。
 カウンターはショーケースをやめてこんな風に。
 板は杉。おじいちゃんが作った衝立をはめてみたらいい感じ。
f0231147_22594749.jpg

 棚の中に入っていた古い赤っぽいタンスを出してみました。
 それも畳の上に置かないで、ちょっと宙に浮いてる感じにして。
 これは田村さんのアイディア。
 タンス下の空間には基準分銅を並べてます。
f0231147_2345572.jpg

 小上がりには机を置きました。
f0231147_236417.jpg

 茶タンスを置いて、これは昔、お客さん用の上等なお菓子がしまわれてて
 おばあちゃんたちは、そのお菓子が食べたかった、といってましたね。
f0231147_2393985.jpg

f0231147_2310144.jpg

 オットが小さい時に愛用していたイスと、
 いただきものの醤油屋さんで使っていた「瓶」。
f0231147_23121827.jpg

 北側の入り口は段差があるので「枕木」を利用しました。
f0231147_23143065.jpg

f0231147_2315113.jpg

 壁に板をはって、茶色を塗ってもらったら和風の感じ出ましたね。
 電気のメーターにもカバーをかけてます。
 ということで、だいぶ出来ましたが
 来てくれるお客さんが「いいねぇ」といってくれるのでうれしいです。
 はるちゃんのあ~してこ~してに答えてくれた
 田村建業さん、ありがとうございます!
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2014-06-02 23:16 | 出来事 | Comments(0)