子ども館での、ろうそく作りに間に合わせて
 やっとできた「まち灯り上町通りチラシ」
 これは、はるちゃん担当です。
 「まちなか美術展」のチラシ作りで覚えた版画。
 できたときの何ともいえない感じに、はまってしまいました。
 なので、ちょこっと版画にしています。
 先週はイベントが重なってしまい
 急いで作ったので、雑なところがありますが
 ごめんしてもらうということで。
f0231147_2228115.jpg

 手作りのあったかい灯りの「まち灯り」イベント。
 そんな感じが伝わったらいいな、と。
 裏はもちろん「上町・万町お店じまんマップ」ですよ!
f0231147_22462249.jpg

[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-30 22:33 | 上町すみれ会 | Comments(0)

 さて、いよいよ「まち灯り」が近づいてきました。
 一番大事な準備である、ろうそく作りが
 子ども館で行われました。
 「スギ灯り」に入れるろうそくは
 廃食油を利用して、子ども達に作ってもらいます。
 環境にやさしいエコなエネルギーで
 まちを明るくすることを楽しく勉強できるのです。
 自分が作ったろうそくが「まち灯り」に灯されることを
 子ども達はとても喜んでくれます。
 それも今回で10回目となるんですよ。
f0231147_214216.jpg

f0231147_2159468.jpg

 木高研の佐々木先生夫妻が準備していますね。
 これも毎回大好評の、廃食油からBDF(バイオディーゼル燃料)
 を作る実験なんです。
 この白衣姿、子ども達のあこがれですよね。
f0231147_221966.jpg
f0231147_221361.jpg

f0231147_22122062.jpg
 
 子ども達も集まり、子ども館の浅野さんの挨拶から
 始まります。
 楽しく作ってまちを明るくしましょうとお話しくださいました。
 作り方と注意の説明のあと、いよいよ作りますよ。
 やけどしないよう、黒松友の会の皆さんが指導、
 見守りしてくれます。
 NHKの山田さん、北羽新聞、秋田魁新聞の記者さんが
 この様子を取材に来てくれました。
 毎回ありがとうございます! 
 まずはてんぷら油を80℃まで熱します。
 そこへ凝固剤を入れて溶かしたら
 カップへおたまで入れて、芯を入れたら完成です。
f0231147_22114926.jpg
 
f0231147_22144569.jpg
f0231147_22154488.jpg
f0231147_2216214.jpg
 
 幼稚園から中学生のお手伝いまで80人が参加してくれました。
 みんな真剣に集中してがんばってくれました。
 おかげで、ろうそくが300個も出来ました!
f0231147_22575934.jpg
f0231147_22581499.jpg
f0231147_22582983.jpg

 佐々木先生の実験は、ゴーグルと手袋を装着すると
 子ども達はその気になって、やる気満々です。
 先生の指示通りに出来ると、大満足!
 大学の先生の実験に触れる機会は貴重なので
 一緒に来たお父さんお母さんの方が
 喜んでましたね。
f0231147_2344549.jpg

 そうこうしているうちに、ろうそくが固まります。
 スギ灯りに入れて、火をつけると、
 何ともいえないあたたかい灯りが!
 子ども達も歓声をあげて拍手します。
 おみやげのろうそくとチラシをもらって
 喜んで帰って行きましたね。
 ありがとうございました!
 お昼と夕方のNHKのニュースで放送され
 近所の方に見たよ~と言ってもらいました。
 「まち灯り」がみんなに注目してもらえましたね。
 ということで、「まち灯り」にはぜひ遊びに来てください!
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-29 22:16 | 上町すみれ会 | Comments(0)

  さて、つぎは佐々木青果店です!
f0231147_2041523.jpg
f0231147_20413338.jpg

 まこちゃんがお出迎え。
 ここは、なんといっても品質の確かな野菜、くだものがあって、
 おまけに、お助けまこちゃんが配達してくれるんです。
 手作りお総菜もコロッケや魚の煮付け、鶏の唐揚げなど
 種類があっておいしいと評判です。
f0231147_20454319.jpg
f0231147_2046247.jpg

 今日はおばちゃんのコロッケの試食サービス!
 ちょっと甘みがあって、なつかしい味!とさっそく購入する姿が。
 さつまいものきんとんも人気でした。
f0231147_20535379.jpg

 次の佐藤写真館までの道中で
 能代春慶さんをのぞいたり、レトロなお菓子屋さんの
 エーワンベーカリーの前を通っていきます。
f0231147_20571776.jpg
f0231147_20573771.jpg
f0231147_2058274.jpg

 佐藤写真館のスタジオを見学。
 初めて入ったが、素敵なので驚いたと言う人が。
 みんなで揃って写真を撮ったり、
 証明写真の修正にびっくり!したりと
 とても盛り上がってました。
f0231147_21513295.jpg
f0231147_2152099.jpg

f0231147_224352.jpg

 そして、「工房陶遊」さん。
 作品に感心しきり。練り込みという手法だそうです。
 模様がいいですね。
 特典は陶芸教室割引券でしたよ。
 さて、おなかがすいてきましたね。
f0231147_2232258.jpg

f0231147_2242989.jpg

f0231147_2244742.jpg

 「ヒサヤ大食堂」の特性ランチです。
 寒い中のまち歩きに、あったかいランチ。
 今日は、あんかけ焼きそばと逸品のシューマイです。
 まわったところの話題がいっぱい、おなかもいっぱい!
 そして、最後が平山商店。
 ゆっくりと憩いのひとときをすごしてもらいます。
 お昼の後なので、お菓子は小さくて美味しいもの。
 能代の名物「翁飴」ですよね。
 わが家のお菓子皿にのせて、お抹茶とともに!
 古い菓子皿ですが、輪島塗りです。
 自分でお茶をたてているので、写真は撮れませんでした。
 が、みなさん喜んでくださいましたね。
f0231147_22165262.jpg

f0231147_22172721.jpg

 お店に飾ってある昔のたばこ「朝日」と「光」に
 亡き父や旦那を思い出したと言ってくれる人が。
 「まち歩き」の感想や意見がたくさん出てました。
 これが一番大事なことで、買う人が何を喜んで、
 どういったものを求めているのかわかるからです。
 普段入りづらい商店に入り、「知らなかった!」
 という言葉がたびたび出てきて、
 もっと、商店のいいところを紹介していかなければなぁと
 思いましたね。
 みなさん、飽きない内容でよかったと言ってくれました。
 活性化室の小林さんと一緒に企画してみましたが
 (ほとんどやってもらいました)
 各お店の特典やら、たくさんの協力がうれしかったです。
 本当にありがとうございました!
 寒い中参加してくれたみなさん、またきてくださいね! 
 
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-28 21:57 | まちなか紹介 | Comments(0)

 この冬一番の寒波がやってきた今日。
 キ~ンと冷えて日中でもー3℃!
 さて、この一番の寒い中、
 「昭和レトロな上町大町の逸品巡り」が行われました。
 逸品チラシを作った7件を「昭和レトロ」を
 キーワードにぐるっと巡るもの。
 初めての企画なので、どきどきわくわくしています。
 参加者は同行スタッフ4人を合わせて13人。
 まずは、平山商店集合です。
f0231147_22342444.jpg
f0231147_22344371.jpg

 小上がりには、ひな人形を飾ってお迎えします。
 つぎつぎと集まってきますね。
 「楽しみにきました」と、どの人も言ってくださいました。
 寒い中ホントにありがとうございます!
 受付をして逸品チラシをもらって出発です。
 はるちゃんが12時まで案内人をつとめますよ。
f0231147_22424741.jpg
f0231147_22433663.jpg
f0231147_22441816.jpg

 最初は「本庄はきもの店」。
 逸品のゴアテックスのブーツや靴を紹介しています。
 みなさん、真剣に見てまわってますね。
 店内、奥の高級草履から、今話題の「VANS」まで
 この品揃えが自慢です。
 靴の他、カバン、傘、エプロンもありますよ!
 ぐるっと一周したあと、 特典のおみやげ(草履)をいただきました。
f0231147_22575268.jpg

f0231147_22582081.jpg
f0231147_22585067.jpg
f0231147_22591070.jpg

 次は「能久金物店」。
 ここは、入ったことがない人が多く、
 それも、倉庫の中まで見せてもらえると
 いうことで、みなさん興味津々。
 逸品の「故人の好物シリーズ」は大好評。
 さっそくビールのろうそくを買った人も。
 帰ったら亡き夫に供えると喜んでました。
 あっ、階段から写真を撮っている人は、
 北羽新聞の記者さんです。
f0231147_23115942.jpg

f0231147_2322579.jpg

 仏壇部を見学してから、奥へ案内してもらいます。
 途中、蔵を見せてもらいました。
f0231147_23285447.jpg
f0231147_23291446.jpg
f0231147_23293737.jpg

 そして、五右衛門風呂と大鍋ですよ。
 みんなにこれを見てもらいたかったんです!
 そして、かまど。
 参加者から、懐かしい物がたくさんあった。
 懐かしい物をみると、小さい時を思い出し若返った。
 と言う感想が。
 普段見れない物を見せてもらってよかったと言う声も。
 「故人の好物シリーズ」のカタログとライト付きキーホルダーと
 匂い袋のセットをおみやげにいただきました。
 
 ということで、続きはまた明日!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-26 22:47 | まちなか紹介 | Comments(0)

 お待ちかね、「まち灯り」全体チラシできました!
f0231147_22543990.jpg
f0231147_2255936.jpg

 盛りだくさんな内容を
 さくらさんがうまくまとめてくれました!
 それぞれの準備が進んでいますよ。
 すみれ会は28日のろうそく作りにむけて
 おみやげ用のかわいいろうそくを作りました。
f0231147_22591410.jpg
f0231147_22592638.jpg

 これは、お寺の使用済みのろうそくを
 リサイクルしたもの。
 28日は子ども館で廃食油を利用した
 ろうそく作りがあります。
 午前と午後の2回ありますので、
 ぜひご参加くださいませ!
 そのろうそくが、まち灯りイベントで灯されますよ。
 すてきな灯りです。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-25 23:05 | 上町すみれ会 | Comments(0)

 毎年恒例の上町新年会。
 今年も山久さんで行われました。
f0231147_20243599.jpg
f0231147_20252922.jpg

 おたっしゃ通信でおなじみの
 片村さんの乾杯で新年会が始まり
 近況報告しながらおいしいお酒をいただきます。
 今回初めて、郵便局の清野さんが参加してくださいました。
 上町には、秋田銀行、郵便局があり、
 地域のためにいろんな面から協力してくれます。
 若い人たちが働いているので
 祭りの時など、引き手として、
 まち灯り、まちなか美術展では、場所提供など
 力となってくれます。
f0231147_2144773.jpg
 
今年は大雪で、除排雪が必要となりそうなので
 タイミングを相談したり、
 山久さんの料理を堪能しながら
 和気あいあいと楽しい会となりました。
 この雰囲気が、上町の強い結びつきに
 つながっているのだなぁと思いますね。
 今年は役七夕の当番町です。
 上町みんなで、お祭りを盛り上げていきたいですね。
 今年もよろしくお願いいたします。  
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-21 21:03 | 出来事 | Comments(0)

 もうすぐ「大寒」。
 1年で最も寒い頃になりますね。
 さて、美味しいもの大好きあっちゃんが
 黒パンのための大いなるプロジェクトを思いつきました!
 季節は冬の始まりの頃で、ちょっと前のことですが
 じっくりと時間と足をかけておりますよ~!
 もう、どんな味なんだろうとよだれが出そうっ。
 では、お楽しみください!


 鷹巣(北秋田市)で本格的なロシアの黒パンを作っているパン屋さんがあるのをご存知ですか?
 そのお店の名前は「サンドリヨン」、フランス語で『灰かぶり』という意味。
 フランスにおけるシンデレラのタイトルでもあります。
 このことを知った時、私はひとつの野望を抱くようになりました。
 それはすなわち…「ロシアの黒パンを家でシチーと一緒に食べたーい!!」

 シチー、というのはロシアの家庭料理で、
 およそ9世紀ごろから食べ始められていたといわれている国民的スープ。
 発酵キャベツと牛肉を使ったきわめてシンプルなこのメニューは、
 ドストエスフキーの「罪と罰」をはじめ、ロシア文学の作品にも多く登場します。
 そんな、ロシアで最もありふれた家庭料理を、常食されている黒パンと一緒に食べる、
 私はこのアイデアにすっかり取りつかれてしまったのでした。

 実はこの計画、長野旅行に出発する前からはじまっていました。
f0231147_1444383.jpg
f0231147_1445650.jpg

 まずは、常盤産のキャベツを2玉、刻んで塩漬けにしたものを、
 粒コショウやクローブ、ローリエや輪切りしたタカノツメとともに
 煮沸消毒したガラスびんに詰めて発酵させた、ザウアークラウト(発酵キャベツ)づくりから。
f0231147_1416878.jpg

f0231147_1475680.jpg

 いい感じに発酵してきました♪

 そして肝心の黒パンですが、確実に入手するため、
 お店のホームページからダウンロードしたFAX用紙で前日に注文。
 予約確認の電話で、お店の方から焼きあがりは翌日の午後1時過ぎころになると教えてもらいました。
f0231147_149288.jpg
f0231147_1493819.jpg

 そして翌日、列車に乗って鷹巣へ。
 雪のちらつく肌寒い日です。駅前商店街の店先にも、冬の気配が。
f0231147_14105736.jpg
f0231147_1411988.jpg
f0231147_14112772.jpg

 焼きあがりの予定時刻までまだ時間があるので、鷹巣駅前の「くうべカフェ」に入ってお昼ご飯。
 地場産の鶏・豚・牛を使ったカレーを4種類の中から選べるほか、
 坊沢の豆腐を使った一品料理などメニューが豊富。私はビーフカレーを注文しました。

 ぶらぶら寄り道をしながらパン屋さんへ向かいます。歩いている途中、いろいろなものを発見しました。
f0231147_14172764.jpg
f0231147_14174328.jpg
f0231147_14175997.jpg

 店先の棚にドン菓子の大きな袋がずらり。さらにお店の中には、小さな可愛い薪ストーブが。
 ペットボトルのお茶を買ったついでに、あたらせてもらいました。
 実は私、看板好きなんです。
 外出先でちょっといい感じに古めかしい看板を見つけると嬉しくなってしまうくらいに。
f0231147_14191390.jpg
f0231147_14192749.jpg

 フォーク喫茶、というものにはじめて出会いました。
 お店の中にまで入っていく度胸はなかったので、入り口だけ。
f0231147_14195874.jpg

 道端の花壇に植えられていた菊の花。きんと冷えた冬の空気の中、咲いていました。
f0231147_1420172.jpg

 居酒屋さんの壁に見つけた金属製のドラゴンのオブジェ。
 これ全部、金属片で出来ているなんてすごい。
f0231147_14203384.jpg
f0231147_14204559.jpg

 鷹巣の街中にはレトロな建物がたくさん。ついついカメラを向けてしまいます。
f0231147_1421583.jpg

 そうこうしているうちに、「サンドリヨン」に到着。無事、黒パンを手に入れることができました。
f0231147_14212867.jpg

 見よ、この重量感。


 さっそくシチーづくりに取り掛かろうとネットで調べてみると、
 レシピごとに若干異なり、トマトが入っていたり、ジャガイモが入っていたりと足される具はさまざま。
 ですが、出来るだけ基本に忠実なスタイルでいこうと思い、こんなレシピになりました。

     シチュー用牛すね肉 300グラム
     水 10カップ
     クローブ 3個
     ローリエ 2枚
     ザウアークラウト カップ2杯
     キャベツ 3枚
     タマネギ 半分
     塩・こしょう・バター 各適量
f0231147_14222719.jpg

 水に牛すね肉とクローブ、ローリエをいれて、1時間ほどことこと。
f0231147_1423019.jpg

 この際、なるべくならば鍋の傍からはなれずに、こまめにアクをとることをお勧めします。
 (ローリエはにたてすぎると苦みが出るので、程よいところで取り出します)
f0231147_14233042.jpg

 澄んだきれいな色のブイヨンが出来上がったら、
 薄切りにしたタマネギをバターでしんなりするほど炒めたものと、
 汁気をきったザウアークラウトを投入。さらに煮込んでいきましょう。
 (荒めの千切りにした生のキャベツは、食感を残したければ食べるすぐ前に、
 くたくたにしたい時はこの時点でいれます)
 お肉が柔らかくなったら、食べごろ。


 厚めにスライスした黒パンをトースターで軽く焼いて、
 夏に作ったイチゴのジャムと白桃のジャムをそれぞれのせます。
 濃いめに淹れた紅茶には、イチゴのジャムをたっぷりいれてロシアンティーに。
f0231147_14244169.jpg

 ライ麦独特の香りと酸味がクセになりそうな黒パンは、
 ジャムをつけて食べる以外にも、溶けるチーズをのせて焼いてもよさそう。
 シチーは想像していたよりもずっとやさしい、穏やかな味でした。
 出来たてももちろん美味しいですが、
 カレーのように、次の日に温めなおしてたらコクが増してまた一味ちがうものになります。
          byあっちゃん

 どうでしたか?
 あっちゃんは食べること、料理することを
 本当に楽しんでますよね。
 鷹巣は行ったことないのですが、
 あっちゃんの目を通すと、面白そうな所で
 行ってみたくなります!
 ここよりも寒いところを思いながら、じっくりと味わう料理。
 なんともぜいたくな時間ですね。
 さて、ここに出てくる「長野旅行」。
 気になりますよね。
 じっくりご紹介しますので、お楽しみに!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-18 14:11 | あっちゃんのひとりごと! | Comments(0)

 寒い真冬のお楽しみ、のしろ白神ネットワーク主催の
 「のしろまち灯り」が
 2月11日(土)17:00~20:00
 に開催されます。
f0231147_22452794.jpg

 今年も官民学合わせて23団体・機関が参加予定。
 開催まであとひと月となり、サンピノにて
 当日の催し物について、協議されました。
f0231147_22521095.jpg
f0231147_22523629.jpg

 メインは商店街の沿道に設置される杉の間伐材を
 利用した「スギ灯り」630個に、廃食油から子どもたちが
 作ったろうそくを灯すこと。
 豊かな自然に即した美しいまちづくり、
 木のまちづくり、環境に配慮したまちづくりを目指して
 官民学が一緒に能代らしいにぎわいづくりを提案します。
 去年の「まち灯り」も盛りだくさんなイベントで
 楽しかったですね!
 参加団体はそれぞれ、上町、畠町、柳町、駅前、通町が会場となります。
 このひろい地域を結ぶのが、BDF燃料(廃食油から作った燃料)で
 運行するエコバス。
 今年は国道7号線の会場がないので、ルートと回る時間を
 今日あらためて打ち合わせしています。
 この打ち合わせは、第一観光、能代市活力推進課、環境企画課
 のしろ白神ネットワークの参加で行われました。
f0231147_2313421.jpg

 今回はエコバスと能代市のバスで
 各イベント会場に20分間停車して楽しんでもらう
 ツアーとなりました。
 上町ほっとステーションー柳町ー西大通りー駅前ー平山はかり店 
 を1周として、3往復します。
 各会場のイベントについては、あとで紹介するとして、
f0231147_23255523.jpg

 これは、すみれ会の試作品。
 常盤の野菜を使った、ピロシキ風すみれぱんです。
 具がしゃきしゃきして、おいし~!
 これは、うけると思いますよ。
f0231147_23274644.jpg

 今回の試みとして、スタンプラリーの台紙として
 木のコースターを考えています。
 各会場のスタンプを押していくと最後に
「のしろ白神ネットワーク」のロゴが完成するんです!
 すてきなアイディアですよね。
 これは木高研の先生が考えてくれました!
 いろんな団体が楽しい企画で「まち灯り」イベントを
 盛り上げてくれますよ!
 さてさて、はるちゃんはこれから大忙しとなります。
 ろうそく作り、チラシ作り、お菓子作りなど
 寒い~なんて言ってられないです。
 では、イベント情報など、これからぞくぞくと
 お知らせしますので、お見逃しなく!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-13 23:38 | 上町すみれ会 | Comments(0)

 お客さんが来たときには、お茶とお菓子を出しますね。
 わが家の菓子皿です。
f0231147_16414042.jpg

 これは、ヨウカンも合うし、ケーキも合うんです。
 とてもシンプルな菓子皿で、お気に入り!
f0231147_16433033.jpg
f0231147_16435575.jpg
f0231147_16441765.jpg

 漆塗りの皿に秋田の名所が彫られています。
 それも昔の景色で。
 字も、右から読むようになっているので
 古い物だと思われます。
f0231147_1647734.jpg
f0231147_16472448.jpg

 秋田富士っていいですね。
 でも、一番不思議なのが「秋田油田」。
 これも名所だったんでしょうね。
 今はあんまり聞かないですが。
f0231147_16511879.jpg

 昔、専売公社からいただいた物らしいです。
 こういうの、いいですよね。
 お客さんがお菓子に喜んで、
 この菓子皿の絵柄で、秋田の話題になるので。
 なにより、使いやすいんです。
 陶磁器などに比べて、軽くて割れないし。
 うちは商家なので、来客も多かったため
 茶托や菓子皿がけっこうあります。
 これからも紹介していきますね。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-12 16:57 | 今日のおやつ | Comments(3)

 はるちゃんの美味しいもの特派員のあっちゃん。
 前におすそ分けしてもらった「クリスマスフルーツケーキ」
 おまちかねのレシピですよ。
 ぜひ、お楽しみくださいね。


 久しぶりに読んでみたトルーマン・カポーティの短編小説
 「クリスマスの思い出」の中で、主人公の少年と、
 彼の歳の離れた親友である『おばちゃん』が焼いていたフルーツケーキが
 美味しそうでたまらなくなったので焼いてみました。

 小説の文からひろえる原料のほか、
 明記されていないものは、我が家のパウンドケーキのレシピによっています。

     小麦粉 200g
     バター 160g
     砂糖 160g
     タマゴ 4個
      ベーキングパウダー 小さじ3
     ショウガしぼり汁 小さじ1
     バニラエッセンス 7滴
     ウィスキー 適量

 (中に入れるもの)
     レモンピール 1枚
     オレンジピール 2枚
     レーズン 30g 
     ドレンチェリー 4粒
     パイン缶(輪切りのもの) 3枚
     ピーカンナッツ 20g
     クルミ 20g
f0231147_2102628.jpg

 ケーキ生地にとりかかる前に、中に入れるものを刻んでおきます。
 レーズンはしばらくぬるま湯につけて表面の油を取ってから、
 レーズンの皮に爆発防止のための切り込みを入れてゆきます。
 また、レモンピールやオレンジピールは、
 切る前にさっとぬるま湯で洗うと刻みやすくなります。
 ピーカンナッツやクルミはそのままだと大きすぎるので粗めに刻み。
 パインナップルはキッチンペーパーでしっかり水気を切ってから切るといいです。
f0231147_2115096.jpg

 生地をつくるのは普通のパウンドケーキの作り方と同じですが、
 今回は香りづけとしてバニラエッセンスと一緒にショウガのしぼり汁を入れます。
 小麦粉を軽くまぶした(中に入れるもの)を混ぜ合わせたケーキの生地を
 円形のケーキ型に流し込み、180度に熱したオーブンへ。
 普通のパウンドであれば、45分もあれば焼きあがりますが、
 今回は1時間近くかかりました。
f0231147_2124211.jpg


 焼きあがったものにウィスキーを塗り、
 一晩おいて粗熱をとった後で、フロストシュガーをふりかけます。
 ヒイラギが手に入らなかったので、庭にあるナンテンの葉と実を代用しました。
f0231147_2132456.jpg

 あとは切り分けて、いただきます。
 ケーキのお供は紅茶でもいいですが、
 コーヒーに少しウィスキーを垂らしたものを添えたら、より小説の気分が味わえるかも…
f0231147_2173977.jpg

                              byあっちゃん

 美味しそうに出来ましたねぇ!
 いえ、美味しかったんですっ。
 もっと味わえばよかったとホントに思います。後悔・・。
 詳しいことは「あっちゃんからのおすそわけ」をどうぞ!
 そして、カポーティの「クリスマスの思い出」も
 ぜひ読んでみてください。
 文庫「ティファニーで朝食を」に載ってますよ。
 冬でおまけに大雪だし、うちの中でゆっくりと
 ケーキを作ってみてはどうでしょう!
  
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-01-09 21:07 | あっちゃんのひとりごと! | Comments(0)