それにしても、被災地の子どもが心配です。
 特に赤ちゃん、そして赤ちゃんのママ、妊婦さんが。
 
 まずは岩手大学の教員や学生が学用品を提供してもらい、
 岩手県を通じて岩手の避難所に送り届ける活動
 「学び応援プロジェクト~20年後の未来のために~」
 というのに、秋田県立大学の先生が協力するので
 すみれ会でも何かお願いできないか、
 と渡辺千明先生からメールがきました。
 またまた1日限りの収集でしたが、学用品が
 たくさん集まりました。
 渡辺先生もおどろいていました。
 この他に、ランドセルを送るプロジェクトも他県で
 始まっています。
 能代でもどんどん先駆けてできたらな~と思います。

 次に母乳育児サークル「ミルキーハグ」の「災害時の
 母乳育児」の勉強会にすみれ会会長さんが
 ハイゼックスシートでの被災食作りで参加しました。
f0231147_2361782.jpg

 約20組の親子が参加してくれたとのこと。
 関心の高さがうかがえますね。
f0231147_23114961.jpg
f0231147_2312194.jpg
f0231147_23124038.jpg

 ごはんを作るのにいろんな物を混ぜて工夫しています。
 ホットケーキは子どももお手伝いに大活躍!
 これはとても大事なことですね。
f0231147_23224080.jpg
f0231147_23234456.jpg

 袋もふくらみ、もうすぐ完成です。
f0231147_23311026.jpg

 
f0231147_23325827.jpg
f0231147_23331112.jpg

 完成までの間に、非常時に用意しておくと便利な物や
 災害時の子ども達への接し方について
 情報交換したそうです、
 災害時こそ母乳育児が重要とのこと。
 そして、完成してみんなでお食事です。
 とても簡単にできる!おいしいと大好評。

 仙台から夫の実家に避難してきたという親子も
 ハイゼックスシートの被災食作りを知って
 あちらに帰ってもぜひ活用したいと感激した様子
 だったそうです。
 子育て中はこういうサークルの仲間が本当に心強い
 見方になります。
 はるちゃんも子育てサークルがあったおかげで
 「私だけじゃない、みんな同じなんだ」と安心しました。
 災害時ならなおさらだとおもいます。
 このつながりを大事にしてくださいね。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-31 23:47 | 上町すみれ会 | Comments(0)

チューリップの芽!

 平山はかり店は、たばこもおいているので
 平山たばこ屋とも言われてきました。
 しかし、このたばこ屋始まって以来のことが!
 なんと、たばこが一個も無くなってしまいました。
 能代の大火の後でも、焼け残ったたばこを
 売っていたというのに、です。
 
 実は大震災でフィルターを作っていた工場が被災。
 たばこが作れなくなってしまったのでした。
 4月の中頃から少しずつ入ってくる予定ですので
 ご迷惑をおかけしますが、もう少しお待ちください。

 震災後一週間たったとき、
 町の雰囲気はど~んと沈んでいました。
 はるちゃんは、すこし落ち着いて考えられるようになって
 どうしようかなと思いました。
 この町の人たちがなにか、ふと気づいて
 ちょっと喜んでくれることがないかな~と。
 そこで、思いついたのが、うちの裏で育てている
 チューリップのプランターのことでした。
f0231147_21542284.jpg

 去年の秋に、植え付けていた物で、芽がでて
 これからが楽しみな状態になっていますね。
f0231147_2203354.jpg
f0231147_2204875.jpg

 プランターは8ヶあるので、店の前におきました。
f0231147_222407.jpg
 
 このビオラは能代養護学校の生徒が作って
 「いとく」や「イオン」で年に一度販売したものです。
 毎年楽しみにしていて、安くて丈夫な花なんです。
 これも店の入り口におきました。
f0231147_2285665.jpg

 この花に気づいてくれるような心持ちになれたら
 いいですね。
 花が楽しみです。

 さて、次の支援です。
 新学期に必要な文房具ですね。
 あとは小さい子どものいるお母さん向けの防災について。
 まったなしで進んでいます!
 
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-29 22:22 | はるちゃんのつぼ | Comments(0)

 21日夜に、すみれ会会長さんから電話が。
 藤琴の「宝昌寺」新川泰道さんが中心となり、
 県曹洞宗青年会が救援物資を集めて岩手の被災地へ
 行くとのこと。
 それも、次の日22日に出発って!
 能代では長慶寺に集めることになり、
 「男女共同参画推進委員会」の加賀屋さんから
 女性用の肌着や下着、生理用品を集めたいと
 連絡がきたそうです。

 すみれ会の連絡網で、22日のお昼まで各自用意する
 ことになりました。
 はるちゃんはヒートテック肌着の買い置きと裏フリースの
 新品ズボン、靴下がありました。
 すみれ会のみんながたくさん用意してくれたそうです。
 
 この呼びかけに協力したのはすみれ会をはじめ
  ・男女共同参画推進委員会
  ・傾聴ボランティア
  ・おやこ劇場
  ・国際ソロプチミスト
  ・ふれあいのWA
 すべて女性達のつながりで、いろんな活動で一緒になった
 人が協力してくれました。
f0231147_22402696.gif

 もちろん、防災専門渡辺千明先生も、分別の達人として参加!
 
f0231147_22454336.gif
f0231147_2246693.gif
f0231147_22474276.jpg

 前日、夜の声かけから翌日の朝には収集、この短い時間に
 大量の物資が集まり、感動!
 集まった物資は、生理用品・女性用ショーツ・女性用肌着・靴下・
         子供用肌着・タオル・カイロ・おむつ・ラップ
         ティッシュ・ペーパータオルなど
f0231147_23143093.jpg

 救援物資のルールの通り、梱包してなんと40箱も。
 女性のパワーといままでの繋がりの成果ですね~!
 なによりも、被災地の女性の方達の力になろうという
 同じ女性の気持ちからですよね。
 これらは被災の激しい陸前高田市、大槌長などに届けられます。
 少しでも気持ちよくすごせますように。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-24 23:09 | 上町すみれ会 | Comments(0)

 まだまだ余震が続いています。
 不安や心配なことがあるとは思いますが
 被災地以外の人たちは冷静になることが
 まずは一番大事なことだと教えてもらいました。

 今日、木高研の渡辺先生やすみれ会会長さんと
 これからの防災について話していたときに
 うちのおばあちゃんのことが話題になりました。
 戦争や能代の大火を経験してきたので、
 何かあったときのために準備していることがあるのです。
 
 うちのおばあちゃんだけでなく
 お年寄りの知恵はなるほど、と思うことがいっぱい!
 これからどんどん紹介していきますね。

 まずは話題のうちのおばあちゃんのこと。
f0231147_21104750.jpg

 これは、はるちゃんがお嫁に来て
 一番最初にいただいた、おばあちゃん手編みの靴下。
 「これを枕元において、何かあったときすぐに履いて
  逃げるように」
 と言われました。はだしで逃げると、ケガをしやすいからと
 いうことと、手編みの靴下は厚みがあって暖かいのです。後は、
 「枕元にふろしきを敷いて、その上に着た物を脱いでおくように」
 とも。暗闇でもすばやく行動できるように、という知恵ですね。
 うちの子どもにも、毎日のように
 枕元に靴下を脱いでおけよ~と言ってくれます。
 最初は「ずいぶん心配性なうちだな」と思ったのですが
 今回の地震で、大事なことだったんだと
 あらためて思いましたね。
 まだまだあるんですよ~!
 次をお楽しみに!
 
  
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-23 21:38 | おばあちゃんの知恵袋! | Comments(0)

 大震災から一週間がたちました。
 上町自治会では、自主防災の8ブロック長と役員、
 民生委員の万町の船山さん、
 能代市包括支援センターの松田さん、
 北羽新聞記者が参加して、地震時のことや、問題点
 こうしたらいいという意見交換を行いました。
f0231147_21383198.jpg

 上町自治会では、上町を8つのブロックに分けて
 それぞれにブロック長をおき、いざというときに
 ブロック内の住民の安否確認をして、防災責任者へ
 報告、それが自治会長へ報告されるという仕組みが
 できています。
f0231147_21441179.jpg
f0231147_21442421.jpg

 各ブロック長さんは、当時のことを振り返りながら
 特に、一人暮らしの方や高齢者の様子を話してくれました。
 みなさん気丈にされていたようで、安心しました。
 
 電池がなくてラジオが聴けなかった。
 地元能代の情報が聞けなくて不安だった。
 電気が止まってストーブが使えなくて大変だった。
 などのお話がでていました。

 あるブロック長さんから、一週間たってもう一度
 高齢者や一人暮らしの住民の様子を見に行って
 聞き取り調査をしようと思っている
 ということがでて、みなさんそうだね~と。

 包括支援センターの松田さんから、一人暮らしの人の
 ふれあい電話についてと地震後の安否確認についての報告
 があり、そこでも確認されていることを知りました。
 民生委員の船山さんも次の日担当をまわってくれたとのことで
 それぞれが、身近な人を守っているのだと知りました。
 こういった住民どうしの情報交換ができて
 本当に良かったと思います。

 最後に上町自治会が被災者のためにできることとして
 除排雪や災害時のための災害基金から
 義援金を送ることになりました。
 上町すみれ会からも少しですが義援金を送ります。
 どうか役立ててください。

 自治会長さんが「助けにくるまでがんばるぞ~」という
 役に立つ資料を用意してくれましたので紹介します。
f0231147_22141957.jpg
f0231147_22143271.jpg
 
 どうぞ参考にしてください。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-18 22:21 | 上町すみれ会 | Comments(0)

 今日の雪ほど恨めしいと思ったことはないです。
 この時期になんで降るかな。
 
 上町に運送の仕事をしている人がいて、
 被災地まで行くので、なんでもいいから
 寄付してくださいとのことで
 すみれ会のみんなで毛布や衣類を集めて
 持って行ってもらうことになりました。
f0231147_21202641.jpg

 うちのが早くてまだ最初の方でしたが
 午後までには、たくさん集まったそうです。
 被災地までは、まだまだ混乱してて
 物資がうまく届かなくて、もどかしい様子です。
 能代もそうですが、
 本当に寒い!
 大変な思いをしている人に
 早く、届けられるように願っています。

 と、バタバタしてたら
 木高研の渡辺千明先生(都市防災学専門)からメールが。
 被災地に物資を送るときのルールが書いてありましたので
 紹介します。
  
  ○1箱に1品目です。タオルとバスタオル、上着とズボン、
    男性用と女性用も分けること。
  
  ○下着や靴下のラベルやタグのppのぴんははずす。ただし、
    靴下、手袋はバラバラにならないよう金具はつけたままか、
    輪ゴムでくくるとよい。

  ○新品か洗濯をした物(シミ、変色、穴などがない)がゼッタイです。
   新品でもかび臭い物など、送るのに迷った物は送らないこと。
f0231147_2122285.jpg

f0231147_20294710.jpg

  物資は積み重ねると何が何だかわからなくなるので、
  写真のように、底以外の5面に入っている物と数量(あればサイズ)
  を書くこと。手書きは字が雑にならないよう、誰にでもわかりやすい
  工夫をするとよいそうです。(写真は印刷したものを貼っています)

 大事なことは、被災地での手間を極力減らすよう心を砕くこと、
 被災した人たちが気持ちよく使えるだろうか、と考えることだそうです。
 
 はるちゃんの写真は、このことが全然考えられていませんでしたね。
 急ぐあまり、考えが足りませんでした。
 
 渡辺先生からは、あまりにも被害が広範にわたる大規模な災害ですので
 私たちの支援も一度では済まないと思います。
 新学期が始まったら学用品、暑くなってきたら着替えもたくさん必要でしょう。
 今は賢い支援者になることが重要です。 
  
 とのことでした。全くその通りで、私たちはよく考えて
 できることをしていかなければな~と思いました。
 どうか、参考になさってくださいね。

 自治会でも、何か出来ないか明日会議です。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-17 21:33 | 上町すみれ会 | Comments(0)

 11日大変なことになってしまいました!
 マグニチュード9.0という聞いたこともないような
 巨大地震が起こり、津波で被害が広がっています。
 ここは震源からは離れていますが、
 それでも、すごい揺れでした。

 ちょうど子どもの卒業式後の送る会の途中で
 会場は騒然となりましたが、みんな無事で
 帰ることができました。
 上町では、自治会長さんをはじめ住民の方々が
 隣近所の安否を確かめていました。
 やはり、自主防災訓練や日頃のつきあいが大切だと
 実感しましたね。
 停電のために、ストーブが使えない所には、
 反射式ストーブの余分なものを届けてあげるなど
 会長さんが町の高齢者をまわってくれ、みんなで
 協力しています。

 やっと電気が通ってテレビの画面を見て
 衝撃を受けています。
 こんなに恐ろしいことがあるのだろうか。
 町が一瞬で無くなっていました。
 必死の救助活動の様子がテレビに映るたびに
 どうか生きていて、と祈るばかりです。
 余震も続いています。
 能代からも救援物資を届けるとのことで
 少しでも役に立ってほしいと願っています。
 被災された方に心からお見舞い申し上げます。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-13 22:31 | 上町すみれ会 | Comments(0)

 「花まり」さんが来てくれました!
f0231147_2231142.jpg
f0231147_22313989.jpg

 ウィンドウのテディベアを見て考えてくれたそうです。
 なんと、ミモザ、ミモザ!
 北国では育たないあこがれの花ですよね。
 まさか、春一番に飾れるとは!
 ミモザをリースにしてチェックのリボンをつけて。
 5個も作ってくれました。
 レトロなかごは、はるちゃんのもの。
 いつか役に立つ日が来ると思ってました。
f0231147_22432714.jpg
f0231147_22434622.jpg

 妹さんと一緒に飾ってくれました。
f0231147_2247676.jpg
f0231147_22472065.jpg

 ミモザの黄色がウィンドウをピリッと引き締めてくれました。
 テディベアも映えますね。
 赤とか、いろんな色のテディベアがいるので
 黄色のお花で、とひらめいたそうです。
 「花まり」さんのセンスはすごい!
 出来上がりがわくわくどきどきで
 ほんとに楽しかったですよ~!
  
 光の加減でやはり、夜のウィンドウが良く写ります。
f0231147_22525838.jpg
f0231147_22531875.jpg

 いつもとは全然違う、かわいい感じが良く出てますよ。
 勉強になりましたね~!
 見た人に、ウィンドウの飾り方が上手になったねと
 言われてしまいました。
 するどいですね。
 それだけ、毎月見てくれてたんだ~とうれしいです。
 「花」の力はすごい。まっ、センスしだいということで。
 ぜひ、見てくださいね。
 はるちゃんお気に入り。
f0231147_2372592.jpg
f0231147_2373941.jpg
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-09 23:07 | 今月のショーウィンドウ | Comments(0)

 「まち灯り」イベントで販売したデコパージュ石けん。
 イベント当日だけの限定販売だったのですが、
 その後、欲しいと問い合わせがあるので
 作っている「大高千歳」さんにお願いして
 はるちゃんちにおくことにしました。
f0231147_22414534.jpg
f0231147_22421199.jpg

 さすがに先生の作品は違いますね。
 かわいくて、おしゃれな模様がいっぱい!
f0231147_22442427.jpg
f0231147_22444156.jpg

 はるちゃんのお気に入り。
 これは、飾って香りも楽しめるのでいいですね。
 お友達にもあげたいので、というお客さんも。
 一個300円で販売しますので、見に来てくださいね。
 同じ模様はないですから。
f0231147_22492035.jpg
f0231147_22493739.jpg

 作ってみたい人は、講習会もあるようですから
 お問い合わせくださいね。
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-08 22:51 | お気に入り | Comments(0)

テディベアがいっぱい!

 ひな祭りが終わり、ウィンドウのお雛様をしまいました。
 飾り付けは楽しいんですけど、しまうのは大変。
 また来年までのお別れだね~とかいいながらの作業でした。

 さて、その次のウィンドウです。
f0231147_2034676.jpg

 手作りのテディベアたちです。
 木工お雛様や吊し飾りを作った大友トシさんの作品です。
f0231147_20371194.jpg
f0231147_20372796.jpg

 どうやって飾ろうかな?と考えたときに
 ダンナのベラくんが赤ちゃんの時に使っていた、ベビー椅子と
 これもやはり、ベラくんの積み木の箱車が思い浮かびました。
 テディベアが大友さんの思い出の布で
 作られた、と聞いたので。
 かわいらしい、それぞれに表情があるくまちゃんたちですね!
f0231147_20441567.jpg
f0231147_20443950.jpg

 古布のテディベア。
 紅型の赤いテディベアとバーバリーのテディベア。
f0231147_20475372.jpg

 どのくまちゃんも手触りがふわふわで、
 思わず抱っこしてほおずりしたくなりますよ。
 はるちゃんお気に入りのワンちゃん。
f0231147_20502744.jpg

 結婚の記念に作るというテディベア。

 いろんなテディベアがいっぱいですよ。
 ぜひ、会いに来てくださいね。
 明日、「花まり」さんが来てくれます。
 これから、ウィンドウの飾り付けができたら
 それに合わせて、花を生けてもらうことになりました。
 ウィンドウの空間づくりのためのお勉強として
 一緒に楽しんでみたいですね。
 こちらも注目してくださいね!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-06 20:59 | 今月のショーウィンドウ | Comments(0)