カテゴリ:出来事( 176 )

f0231147_232854.jpg


f0231147_23235749.jpg


f0231147_23241868.jpg


f0231147_23262378.jpg


f0231147_23275725.jpg


f0231147_0244242.jpg


f0231147_23303073.jpg

さぁ、今年も始まりました「常盤ときめき隊日曜朝市」!
なんと10年目となります。
おかげで、すっかり定着してお待ちかねのお客さんがぞくぞくと。
元気な「常盤ときめき隊」よろしくお願いいたします!
f0231147_2353083.jpg


f0231147_0251842.jpg

大好評の「ときめき朝市体操」考案者の秋田県立大学総合科学教育研究センター
内山応信准教授が指導に来てくださいました。
そして、能代市の健康チャレンジポイント事業ともタイアップ。
毎日続けるためのいい企画です。
この体操は、秋田音頭に合わせた転倒防止のストレッチとなっており、
続けることにより、バランスがとれるようになるんですよ。
f0231147_23531467.jpg

今回、新しい健康コーナーが。
ひなげし薬局薬剤師 平山さん(オットだったりする)が
ボランティアで「お薬相談コーナー」を担当してくれます。
f0231147_23494518.jpg

ハンドマッサージコーナーも。
朝市で、体と心の健康づくり!ですよ~。
f0231147_2357593.jpg


f0231147_23583289.jpg


f0231147_01634.jpg

挨拶の後、朝市体操です。みなさんキッチリ覚えてましたね。
子どもを抱いて参加してくれたママ、97歳のおばあちゃん
みんなが一緒に手拍子を入れて出来るのがいいところなんだな~。
毎週参加してくださいね。
参加するとシールをもらえるんです。
5個ためると朝市限定の100円券もらえるので
これもまた、励みとなってますよ。
さぁ、朝市開始です。
f0231147_083100.jpg


f0231147_085972.jpg


f0231147_093376.jpg


f0231147_039408.jpg

久しぶりの再会に会話も弾んでます。
内山先生も朝市楽しんでくれました。
試食のすぐりのすっぱさにびっくり!
地域のみなさんとの交流も、これまた朝市の魅力ですね。
常盤ときめき隊の野菜のファンが多いのは
やはり、安心安全で、こだわりの野菜で美味しいから。
お目当ての野菜を買った後は、
f0231147_0141419.jpg


f0231147_01518100.jpg


f0231147_0155225.jpg


f0231147_017060.jpg

移動式石窯で焼く、マルゲリータや舞茸ピザ販売が人気でした。
焼きたては美味しい~!
f0231147_0201439.jpg


f0231147_0211126.jpg

新しいコーナーも大好評。
北羽新報社さんも取材してくださいました。
私も体操のおねいさん(?)として、がんばりますよ!
みなさん、ぜひおいでくださいね。
これから11月27日まで毎週日曜日よろしくお願いします!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2016-06-22 00:25 | 出来事 | Comments(0)

f0231147_21541289.jpg


f0231147_21543475.jpg


f0231147_2154542.jpg

風車があるここは能代港。
「はまなす画廊」という一般参加者の描いた壁画がずらっとあります。
そして、海岸線に沿って風車がたくさん並んでるんです。
今日は、ここ能代港大森緑地公園で、
「グローバルウィンドディ in 能代」能代逸品会ブースに出店しました!
風の発電に親しむため世界各地で開催される「世界風車の日」ということで、
親子で楽しめる催し物がいっぱい。
f0231147_2254630.jpg


f0231147_2273190.jpg


f0231147_2291740.jpg


f0231147_2293969.jpg


f0231147_22103381.jpg


f0231147_22105437.jpg

逸品会からは、飲食は粋さん、その他販売が
大阪屋さん、ランマン屋さん、カスミさん、平山はかり店が。
みんなで和気藹々と商品陳列してますよ。
今日は、昨日までの雨が上がって天気は爽やかでいいのですけど、
やっぱり能代は風が強かったので、ちょっと寒い~!
f0231147_22172815.jpg


f0231147_22181283.jpg


f0231147_22182586.jpg

たくさんの参加者が楽しみなのが、「宝さがし」ゲーム。
番号が書かれた紙が封筒に入って、会場のあちこちに。
みんな一生懸命さがしますよ。
だって、能代花火大会の桟敷席やら、とれたてあわびやら
お食事券やら豪華なんですもの~。
f0231147_2224211.jpg

その他、バスツアー、風車のタワーにお絵かきも。
私たちが楽しんだのが、
f0231147_2226232.jpg


f0231147_22264899.jpg


f0231147_22271212.jpg

かっこいい「ノシロリオン」との撮影会なのでした!
能代のイベントで会うことが出来ます。
ということで、たくさんの人たちが来てくれました。
能代の花「はまなす」もきれいでしたね。
f0231147_22305660.jpg

みなさん、お疲れ様でした~!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2016-06-05 22:31 | 出来事 | Comments(0)

GW今年も秋田市の「小松クラフトスペース」さんがやってきました!
f0231147_22353377.jpg

店が初期化~。なんにもないです。
はてさて、どんなふうになるのやら。
f0231147_22373382.jpg


f0231147_22422171.jpg


f0231147_22425647.jpg


f0231147_22432357.jpg


f0231147_22443823.jpg


f0231147_2245972.jpg

「旅する雑貨・工芸展」として、アフリカの布を使ったおしゃれな作品
プティット・アフリケーヌがあったり、ブルガリアの陶器、ヤマブドウのつるかご、
ネックレスなど見たことないような楽しい工芸品がいっぱい!
平山はかり店がこんなに変わりました、が違和感がない!
これはこれでなじんでませんか?
素敵な店内となりました。
3日間たくさんの人たちが来てくださいましたねぇ。
小松クラフトスペースさんのファンが遠くからも。
平山はかり店だけじゃないんですよ。
去年と同様、夢工房咲く・咲くさんでも「アフリカの工芸展」なんです。
f0231147_2375885.jpg


f0231147_2325870.jpg


f0231147_2383087.jpg


f0231147_2392085.jpg

こちらは小松クラフトスペースさんの通称ご隠居さん担当。
アフリカのガーナで集めた布や工芸品が展示されています。
人型の像がすばらしいですね。
f0231147_23164430.jpg


f0231147_23172618.jpg


f0231147_2318453.jpg

アートとしていいなぁと思います。このお顔。
日本の仏像に似たところがあって、見飽きませんね。
f0231147_231919100.jpg

お面もたくさん展示されていますが、いったいどうして
こんな形になったんだろうと思うものばかり。
実際、このアフリカの工芸品が有名なアーティストのヒントになったと
ご隠居さんが教えてくれましたよ。面白い!。
3日間たくさんの人たちが来てくださいましたねぇ。
小松クラフトスペースさんのファンが遠くからも。
3日間あっという間でした。
小松さん、どうもありがとうございました!
次は季節を変えて開催するとのことですよ。
楽しみです。
遠くの国から能代までようこそ~!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2016-05-07 23:30 | 出来事 | Comments(0)

新年第一号は、去年の夏の出来事が掲載されたんですよ~!
f0231147_23224167.jpg


ちょうど、役七夕の日。
平山はかり店にお客様が。
なんと、トラベルライターでありエッセイストの
朝比奈千鶴さん。
夕方からの役七夕の前に寄ってくれたのでした。
いろんなことお話しているうちに、上町を案内することに。
その時のことが、「あきた白神・たびネット」に掲載されています。
さすが、上町がキラキラして見えてきますよ~!
ぜひご覧くださいませ~!

あきた白神・たびネット
http://www.akitashirakami.jp/walk_column/episode4

実は、第5話まであるのです。
これを読めば、絶対能代山本へ行きたくなるんです。
お酒も飲みたくなるんですよ~!
こちらもぜひ!

初心者のあきた白神あるきコラム
http://www.akitashirakami.jp/walk_column

[PR]
by hakariya-haruchan | 2016-01-03 23:35 | 出来事 | Comments(0)

f0231147_22385742.jpg


f0231147_22392586.jpg

 十五夜の次の日が満月で、
 おまけにスーパームーンだそうで、
 ちょっとひらめきました!
 お昼にフェイスブックで告知して、
 店に集まってお月見しよう!とね。
 会費はちょこっとつまみ100円。
 あとは、各自飲み物持参で、夜7時から10時まで
 いつ来てもいいし、いつ帰ってもいいという
 のんびりゆっくりしたもの。
 さぁて、何人来てくれるかな~?
f0231147_22511387.jpg

 せっかくだから特別に季節の大皿を出しましょう。
 包んでいる新聞紙は昭和31年だったから、約60年ぶりに使うことに。
 月見まんじゅうは越後屋さん。
 ブルーチーズスコーンはあっちゃん手作り。
 京都伊藤軒の海鮮おかし。
 お重には、しょっつるハタハタ焼き、と乾き物。
f0231147_2381715.jpg

 さぁ、まずはこんな珍しい日本酒を持ってきた方が。
 そして、ぞくぞくと来てくれましたよ~!
f0231147_23164373.jpg

 坂田明さんのジャズをかけながら、11月のコンサートのご案内あり、
 外にイスを出して、しみじみ月をながめて飲んでたり、
 ゆるゆると楽しみながら、でもお酒が進みましたねぇ。
f0231147_23303087.jpg

 乾杯だってずーっとあとで、そういえばって感じで。
 では、お月さまと一緒の素敵な夜に。
 平山はかり店の夜の雰囲気はいかがでしたか?
 みなさん、楽しいひとときをありがとうございました! 
 次のひらめきはクリスマスあたり?
[PR]
by hakariya-haruchan | 2015-10-03 23:46 | 出来事 | Comments(0)

 さて、先日取材していただたAAB秋田朝日放送「トレタテ!」。
 7月1日今日の夕方6時15分からの番組の中で放送されるそうです。
f0231147_10492527.jpg
f0231147_10494927.jpg
f0231147_10502244.jpg

 4分という時間だそうですが、
 どんなふうになってるんだろう~。
 わくわくしてますよ。
 ということで、県内の皆さまぜひみてくださいませ~!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2015-07-01 10:51 | 出来事 | Comments(0)

 うれしいことが!
 マガジンハウスのWEBマガジン「コロカル」さんの記事を見て、
 AAB秋田朝日放送「トレタテ!」という情報番組が取材に来てくれました!
 古くから続いてきた「はかり屋」というのが珍しいとのことで。
 何回か打ち合わせをしたのですが、
 そのたびに、もっとちゃんと店の歴史や秤のことを知らなくちゃねと。
 おかげで、シンプルに店のこと考えることができました。
 さぁて、今日の掃除は念入りに(身支度も)。へへ。
 撮影予定はうちの店と、実際はかりを使っている佐々木青果店さん。
 うちのロゴを作ってくれたり、
 アドバイスをしてくれる金谷真(みむらのマスター)さんとのインタビュー。
 ということで、まずは佐々木青果店さんへ。
f0231147_2342158.jpg

f0231147_2355037.jpg

 佐々木青果店には、はかりが3台あるんです。
 店主のまこちゃんが、さりげな~く(わざとらしく?)野菜を並べてるところ、
 レジから見えるはかりを撮影してます。
f0231147_23364518.jpg

f0231147_23385344.jpg

f0231147_23393572.jpg

 そして、平山はかり店店内です。
 今までのこと、はかりのこと、これから目指したいこと。
 などを質問されたんですが、なんとかなったかな。
f0231147_23442512.jpg

f0231147_2345131.jpg

f0231147_23461467.jpg

 途中コーヒーを飲んで楽しい話で盛り上がり、
 マスターとの取材も、なんか自然と出来たように思います。
 しかし一年前を思えば、ほんと変わりましたねぇ。
 われながらびつくりと言うところですね。
 放送は4分くらいということですが、
 午後から夕方までかかりましたから、
 毎日の番組のうらには膨大な時間がかかっているんですね。
 放送は、7月1日か、8日の予定とのことで
 分かったらお知らせします!
 秋田県内のかたはぜひご覧下さいね。
 ありがとうございました~!
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2015-06-22 23:56 | 出来事 | Comments(0)

 わが家の仏壇前の襖。
f0231147_22593319.jpg

 あまりに古くなって表具やさんが
 これはもう修復しかないです。とさじを投げたもの。
 なんて書いてあるのか、誰が書いたのか。
 おばあさんが、二代目清三郎が塾の先生に
 書いてもらったものだと聞いてる、ということだけで
 それ以上は長年わからなかったのです。
 それが、ふとしたことから、書道家と知り合いになり、
 襖を見てもらったところ、詳しい人に聞いてみるねと。
 するとすぐに秋田藩士で教育家「神沢素堂(かんざわそどう)」作と
 わかったのです。それも明治34年(1901年)の作品ということも。
 ひえ~、ひゃく、114年も前のものなの~!
 そして、その詳しい人こそ、文化財保存修復学会正会員
 修復師というか、表具師 木村明夫さん。
 この話は二年前の今頃のことで、おばあさんも喜んでいました。
 そして、「ちゃんと直さんしぇ(ちゃんと直しなさいよ)」
 と言ってたのです。
 その後まもなくおばあさんが亡くなり、昨年襖の傷み具合を見てもらって
 今年の春から修復に出してやっと帰って来ました。
f0231147_2336714.jpg

 見てください!まるで今書いたみたいになって!
f0231147_23405277.jpg
f0231147_2341121.jpg
f0231147_23414452.jpg

 すばらしい出来ばえですねぇ。
 14作業工程中、酸化還元法という方法で
 漂白処理を2回行ったとのこと。
 これが大変な作業だそうで、
 木村さんの長年の研究があるから出来ること。
 こんなにきれいになって。
 やわらかく落ち着いた感じになりました。
 正直、ここまでのことは期待していませんでした。
 色は茶色で、紙はパリパリとはげてきてましたから。
 オットのベラくんも帰って来て「すげ~っ」と、歓声をあげてました。
 神沢素堂さんに関しては、明治15年に
 県許可の私塾責善学舎を開設して千人を超える塾生がいたそうです。
 書画に巧みな人であったということで、やはり、
 おばあさんが言ってたとおりでしたね。
 素堂さんのこと知りたい人はうちに寄ってくださいね。
 ここで紹介するには、長いので。
 この漢詩の内容は、「自分たちで調べた方がいいよ~
 楽しいから」ということで、これは宿題です。
 が、多分すばらしい風景画が目の前に広がるような。
f0231147_0125338.jpg

 
f0231147_0133836.jpg

 こんなにお若い方なんですよ。
 お手数をおかけしました、ありがとうございました!
f0231147_0155063.jpg

 この引き手も今では貴重なものらしいです。
 これでまた私たちの肩の荷が下りた感じ。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2015-05-29 23:52 | 出来事 | Comments(2)

f0231147_22515276.jpg

f0231147_2257175.jpg

f0231147_22575117.jpg

 これはいったい。飾りってなんだろう?と思いますよね。
 ミャンマーの秘境に暮らすナガ族の首飾り。
 百年前までは首狩りの風習があったという部族のもの。
 動物の牙、骨、が首飾りになってますが、
 祭りに身につけるすごいおしゃれな装飾品だそう。
 なんといっていいのか。すごい迫力ですね。
 展示として見るものだよね、と思っていたら
f0231147_23535776.jpg

f0231147_23541634.jpg
f0231147_23543166.jpg

 能代にこんなおもしろい男子がいるんですよ~!
 自分の着たい物を自分で作っちゃうんです。
 うちに来てくれるのが楽しみな若者なんですけど
f0231147_005111.jpg

 あっ、買ってきたんだね、そして首から下げちゃったんだね。
 びっくりしたけど、かっこいい~!似合うし。
 ナガ族の装飾品、布のデザインなどどれもプリミティブ・アート(原始美術)
 の世界に満ちあふれている、とご隠居さんの本には書いてあったんです。
 若者の感覚にも通じたんですねきっと。
 さらに、動物の牙が付いた帽子を「イカスメット」と言ってたし。
 こういうの好きですねぇ。
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2015-05-21 00:02 | 出来事 | Comments(0)

f0231147_22493338.jpg
f0231147_22503992.jpg
f0231147_22514598.jpg

 さて、夢工房咲く・咲くでは、小松さん通称「ご隠居さん」が
 1月にビルマへ行って集めてきた展示が。
f0231147_2394751.jpg
f0231147_23115872.jpg

f0231147_23132464.jpg
f0231147_2314798.jpg

 駐車場が異国の市場のようになってますね。
f0231147_2329503.jpg

 この布や装飾品などに出会った様子は
 ご隠居さんの著書「たそがれ見聞録」に詳しく書かれています。
 その中でも、「たそがれ見聞録カチン族編」で
 ビルマの少数民族カチン族の新年を祝うお祭り「マノウ祭」を
 見てきたこと、山岳少数民族アカ族、ワ・ロイ族のこと、
 旅のアクシデントや出会いなどおもしろいおもしろい!
 でも、おもしろいといってもそれはご隠居さんが
 実は大変なことをおもしろがって書いているからで
 ええ~っ!ということばかりです。
 ー東に伝統的な織物があると聞けば走っていき、
 西に名のある染布があると知れば飛んで行く。
 南に緻密な刺繍布があると聞けば見に行き、
 北に古い衣装があると知れば探しに行くー
 ご隠居さんとは名ばかりで、こんなに好奇心、
 行動力がある若々しい人はいません(キッパリ!)
f0231147_22465254.jpg

f0231147_22445470.jpg

f0231147_2255545.jpg

f0231147_2251318.jpg

f0231147_22522116.jpg

f0231147_22564153.jpg

f0231147_22573640.jpg

f0231147_22581758.jpg

f0231147_2332732.jpg
 
 すばらしい布。織機で織るわけでなく、簡単な仕組みでここまで出来る?
 模様、色の美しいこと。織物、刺繍などありますが、
 多分、言葉で伝えることを模様にしちゃった布も。ストーリーがあるんですね。
 少数民族それぞれに特徴ある布と、それを織るなど、すばらしい技術が
 伝えられてきたんですけど、生活環境の変化などで
 それが近い将来無くなるんじゃないかと、
 ご隠居さんは 危機感を持っているようです。
 老舗の呉服店として長年着物を扱ってきたことを思えば
 いてもたってもいられないところなのでは。
 そんな貴重なものを見せてもらいありがとうございます!
 さて、工芸品はまた明日。

 
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2015-05-17 23:41 | 出来事 | Comments(0)