「のしろまち灯り」のろうそく作りが畠町新拠点で

 さて、お茶会と同時進行で、もう一つの打ち合わせも進んでいました。
 2月14日に行われる「のしろまち灯り」です。
 のしろ白神ネットワーク主催で、木と環境に配慮したまちづくり活動を
 市民団体・公共機関・企業と協働で進めるための活動の一環として、
 廃食用油等を利用した灯りを灯しながら
 能代らしいにぎわい作りをしようというもの。
 今年も、上町、西大通り、畠町、駅前、柳町を結んで開催されます。
 参加団体も50団体と大きなイベントとなりますので
 各団体集まって打ち合わせを重ねてきました。
 そのなかで提案したのが
 リサイクルろうそくを参加団体みんなで作ろうということ。
 今までは、子ども館での講座、養護学校生徒さんで作る以外は
 すみれ会が地道に作ってきたのです。
 スギ灯りの数だけ、合わせて600個。
 なので、けっこう大変でした。
 さて、今回の取り組みはどうなるでしょうか。
 場所は畠町新拠点で、200個目標です。
f0231147_23924100.jpg

f0231147_2395433.jpg

 まずは、7、8人集まったところで、見本にそって手順説明します。
 やま久さんからいただいたワンカップびんに、
 長慶寺さんからいただいた使用済みろうそくを溶かし入れ、
 丸井ローソク店からいただいた、ろうそくの芯をさして出来上がりです。
 楽しく行えるようちょっとクレヨンを削り入れて
 色とりどりのろうそくを作りますよ。
f0231147_2319952.jpg

 
f0231147_2320487.jpg

 そうこうしているうちに次々と集まりなんと20人!
 茶誠堂さんはじめ、「やらねすか☆48」「能代逸品会」「ミライ10」などから
 若者たちがきてくれたんです。びっくり!
 正直5人くらいかな~と思っていたので驚きました。
f0231147_23331683.jpg

f0231147_23341246.jpg

f0231147_23435560.jpg

 楽しいろうそく作りでしたねぇ。
 こういうふうに、参加団体みんなの協力で作ることを目指していたので
 もう感激でした!
f0231147_23423841.jpg

f0231147_23431189.jpg

 なので、あっという間に200個完成できました。
 ありがとうございました!
 残りは能代養護学校生徒さん、子ども館の講座で作ります。
 まち灯りでのろうそくの灯りはきれいでしょうね。
 まだまだ準備は進んでいきますよ~!
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2015-01-19 23:45 | 上町すみれ会 | Comments(0)