北限のお茶「桧山茶」を手揉みの匠に入れてもらいました

 北限のお茶として有名な能代の「桧山茶」
 「のしろ逸品デー」で、お茶と一口お菓子をサービスしていますが、
 今回は桧山茶の新茶をサービスすることにしました。
 連絡したのが、ちょうど新茶の葉を摘んでいるときで
 なんと、新茶の一番始めのお茶を分けてもらう事が出来たんです!
 桧山地区でほんの少しだけしか出来ない貴重なもの。
 それもお茶の木が原種のままで残っているのから摘むのです。
 そして、その摘み取った葉っぱを手揉みしたのが
 静岡県茶揉み保存会 教師 畠山 仁先生
 手揉みの技がすごい方で、とても有名な先生。
 札幌から3週間の予定で能代へ来て下さっているのですが、
 古いものが好きというお話から、
 雨が降ったら作業が出来ないので、うちを見に来てくれるということに。
 なんというか、ラッキーというかちょうど雨となったんです。

 ということで、畠山先生が来て下さいました!
 平山商店に入るなり、あちこち見て喜んでますよ。
f0231147_2320975.jpg

 引き出しの中も見てもらいました。
 先生がゆっくり見た後で、厚かましいお願いをしたんです。
 「先生、桧山茶のおいしい入れ方を教えて下さい」
 先生は快く引き受けて下さいました。
 これはすごいことで、一緒に来た茶誠堂さん、保存会の人も
 先生がお茶をいれるの初めて見る、と興奮した様子でしたから。
f0231147_2331251.jpg

 わが家のお茶道具で。
 まずは、茶碗にお湯を入れます。急須にも。
 湯冷ましとともに茶碗を温めることができますね。
 そして、お茶の葉を量ります。一人分は3㌘。
 ここで、タニタのデジタルクッキングスケールが大活躍。
 良く量れるといってくれましたよ。
f0231147_233729.jpg

f0231147_23372696.jpg

 しかし、このお茶の葉。針のようです。
f0231147_23404936.jpg

 剣先と言うそうですが、針の先のところは葉っぱの茎の方。
 剣先は折れやすいそうですが、この桧山茶はみんな剣先があって
 すごい良い出来だそうです。
f0231147_23485354.jpg

f0231147_23513762.jpg

 お茶碗から急須にお湯を注ぎ、2分半くらい待ちます。
 ここで大事なことは、お湯の温度。約60℃くらいが最適。
 普通のお茶の感覚からいうとぬるいですね。
 お茶碗は熱く、なかのお茶はそれよりひとまわり、ふたまわり低い温度がよく、
 そうすると口ざわりがいいということでした。
f0231147_005473.jpg

 そして、少しずつ少しずつ注いでいきます。順番にね。
 最後の一滴には甘みなどが凝縮しているのできっちりと。
 お茶の色は薄いな~と思ったら、
 桧山茶というのは、昔からのお茶にある「山吹色」なんです。
 力強い色という表現があるんですよ、と教えてくれます。
f0231147_082863.jpg

 いよいよみなさんで飲みますよ~。わくわくしますよね。
 ごくっと一度に飲まないで、ころがすように飲んでね。
 いや~!なんとも飲んだ後の後味がすごい。
 甘みと渋みがふわっと口の中で広がるんですよ。
 みなさん、びっくりしてましたね。
 桧山茶と言わず、煎茶や玉露もこのやり方で入れてみて下さいね。
 いままでのお茶の味が変わりますよ。
f0231147_0191683.jpg
 
f0231147_0193668.jpg

 最後に、入れた後のお茶の葉はそのまま食べることが出来るんだよ。
 ポン酢かけたり、佃煮にしたりと利用できるそう。
 しかし、色がきれい。そしてまた元の葉っぱの形にもどってますよ。
 すばらしいお茶のひとときでしたねぇ。
 感激です。その後でお昼ご一緒させてもらいましたが
 いろいろお話出来て楽しかったです。
 いい逸品デーとなりました。
 畠山先生、茶誠堂さんありがとうございました!
[PR]
Commented by sunnmi at 2014-06-15 08:13 x
おはようございます。
こちらの動画を拝見し、お煎茶をじっくり入れて楽しんでいます。
お煎茶は湯ざましを使っていますが、せいぜい80度ぐらい・・。
改めてじっくりゆっくり入れて楽しんでいます。
美味しい・・気持ちまでゆったりです~。
Commented by あっちゃん at 2014-06-15 12:12 x
以前新潟の村上市を旅したとき、北限のお茶と宣伝していたのを見て、能代もあるけどなあと思いました。商業ベースにのっているかどうかの違い何でしょうか?
手揉みの技術で針のように細くなるんですね。
母の実家が、梶原さんとご縁があり、私も若い頃桧山のお茶を飲んだことがありますよ。茶誠堂さんの茶羊羹、納豆羊羹も好物です(*⌒▽⌒*)
Commented by hakariya-haruchan at 2014-06-18 17:13
sunnmiさん、お茶を飲む、これだけのことですが奥が深いですねぇ。茶道を習ってはいるのですが、お道具だとかお点前の手順だとかまだそんなところなので、今回の桧山茶は自分の毎日の道具だけで素敵なひとときをすごすことができる、ことに目からうろこでした。お茶の時間っていいですね。
Commented by hakariya-haruchan at 2014-06-18 17:18
あっちゃんさん、茶誠堂さん貴重な桧山茶のためにがんばってます。危機感を持ってね。茶誠堂さんの茶羊羹は美味しい!です。能代へ来たときにはぜひ食べて下さい~!
by hakariya-haruchan | 2014-06-14 23:45 | 能代逸品会 | Comments(4)