「秋田・宮沢賢治愛好会」例会に行ってきました!

 20代の時から「秋田・宮沢賢治愛好会」に参加しています。
 でも、子育て・店・介護でほとんど参加できない幽霊会員で(すみません)、
 宮沢賢治の研究で有名な榊昌子先生が送ってくれる
 「山猫通信」を楽しみに、手紙でのやりとりだけでした。
 榊先生には前から、すみれ会の活動を紹介してほしいな~と
 お声をかけてもらっていたのですが、このたびいよいよ話することに!
f0231147_20124822.jpg

 ひゃ~、例会の案内がこんなことになってるし。
 ということで、やはり賢治といえば農業に関係することかなと
 「常盤ときめき隊」のことを紹介しようと、資料を持って行くことにしました。
f0231147_20203017.jpg

 活動の写真と、のしろ白神ネットワーク通信、上町・万町お店自慢マップと
 ときめき隊野村さんの「むぎ巻き」レシピを用意。
f0231147_2024072.jpg

 当然、おみやげは「むぎ巻き」にしました。
 食べてもらうのが一番!分かってもらえると思ってね。
 黄にんじん、ほうれん草、ビーツペースト入りの彩りいいむぎ巻きです。
 例会は秋田駅東口「アルヴェ」で開催されました。
f0231147_2030632.jpg
f0231147_20302817.jpg

 最初に榊先生が、賢治と治安維持法についてお話しくださいました。
 賢治の作品は癒しの文学と言われていますが、
 賢治が生きてきた時代を考えていくと、それだけでいいのかと。
 たとえば、
f0231147_21362075.jpg

 大正13年8月13日「岩手日報」夕刊の記事から。
 賢治が花巻農学校先生時代に行った「田園劇」の記事ですね。
f0231147_21414689.jpg

 そして、その一ヶ月後の「岩手日報」の記事。
 今では考えられないことですが、学生劇禁止の記事です。
 このようなことは、学生だったときや教師を辞めたあともあったのです。
 このように、生徒や若者のために行ったことを
 あきらめなければならなかった賢治の気持ちを思うと、
 これからもっと深く作品を読むようになれますね。
 というように、榊先生は当時の新聞や膨大な資料、当時の証言などから
 私たちにわかりやすいように教えてくださいます。
 ありがたいことですよねぇ。

 さて、次はすみれ会について。
 まずは、能代の説明から始め、すみれ会結成のいきさつ、
 そこからつながっていった「常盤ときめき隊」の活動を紹介しました。
 みなさん「能代へ行きたくなった!」「朝市行きたいです」など
 能代への興味がわいてきたようでした。
 写真、カメラのレンズが曇ってたりで上手く撮れてないですが
 「むぎ巻き」は喜んでもらえました~!
f0231147_2214489.jpg
f0231147_22142221.jpg
f0231147_22144759.jpg
f0231147_2215627.jpg
f0231147_2215291.jpg
f0231147_22155944.jpg

 実は仕事で能代に何年かいました、とか能代に子どもが嫁いでいます、
 お祭り見たことがありますよ、など能代を知ってる人がいて話がつきませんでしたね。
 もっと上手く説明できたらよかったと思いましたが、みなさんのおかげで
 なんとか楽しくできたかなと。ありがとうございました!
 おいしいランチをご一緒して、コーヒー豆買って帰ってきました。
 これからあらためて賢治の作品を読んでいきたいです。
 
 あっ、「むぎ巻き」レシピについて、こちらは作り方です。ぜひお試し下さい。
 http://hakariya.exblog.jp/15114321 
[PR]
Commented by タロンペ at 2014-03-27 21:32 x
はる様
いつもの活動に驚きです。
いろんな事をやるもんだ、たいしたものです。
はるさんのような方が沢山おられると思いますが今一発信がね?。
でも我が道を行く。
これからも楽しみに見ています。
Commented by hakariya-haruchan at 2014-03-30 21:29
いつもうれしいコメントありがとうございます!
発信ってむずかしいですよね。やっぱり続けていくことが一番かな~と思ってます。ちょっとずつでもやってると、タロンペさんのように見てくださる人がいて励みになるんですよ。
by hakariya-haruchan | 2014-03-26 20:45 | 出来事 | Comments(2)