「のしろ市民まちづくりフォーラム」つづきです!

 「のしろ市民まちづくりフォーラム」続いては、
 早稲田エコステーション研究所・代表 藤村望洋氏が
 「まちづくりによる地域活性化策」~6次産業化と地方都市連携~
 についてお話しくださいました。
f0231147_2034481.jpg

 「ぼうさい朝市ネットワーク」について
f0231147_2223719.jpg
f0231147_22232495.jpg
 
 ネットワーク作りを北前船から考えるのがすごいですね。
 そして、災害時に大きな役割を果たしたのです。
 このネットワーク作りについて
 これは、商店街や起業する人、製造など
 いろんな分野でこれからのヒントになりますね。
f0231147_2312431.jpg

 藤村さんは大坂出身ということで、関西弁でのお話が楽しくて
 引き込まれてしまいます。
 防災のこと、これからの商店のこと、
 今暮らしている鎌倉での活動のことなどつきません。
f0231147_23131026.jpg

 パネルディスカッションでは、参加者からの質問に具体的に答えてくれました。
 能代逸品会の会長からの、これからの商店街のあり方について、には
f0231147_23132965.jpg

 やはり、このままではいけないということ、
 若い人を入れるシステムを作ること、など参考になることを
 教えてくださいました。
f0231147_2323394.jpg
f0231147_23232122.jpg

 起業した若い参加者や、他の町からの参加者からの質問には
 かとうさんが、こういうやる気のある人たちを集めて
 気軽にいろんなことを話せる場づくりをしてはどうか、と提案してくれました。
 なんかこの場でネットワークができそうな感じでしたね。

 藤村さんのお話から、発想の転換が大事であるということ、
 それは、いろんな繋がりのなかから生まれてくるものだと思いました。
 講師のお二方とも、やる気のある人、こうしたいという事に対して
 いくらでも応援しますよ~と頼もしい事を言ってくれました。
 参加した人はきっと「やるべ!」と思っただろうなぁ。
 そう言う気持ちになることが一番大事ですよね。
 
 講師の方達のお話をぜひ活動のきっかけや第一歩にしてくださいね。
 渡辺先生が言ってました。
 講演を聴いて、やった気になるだけではだめですよ、
 始めないとね。

 毎年講演からいろんなことを教わってきました。
 平山商店も、講師の方から教わってここまで変わったんですよ。
 これからは、町がまた変化していくことになるので、
 これまでの繋がりからまた考えていかなくては、と思います。
 もちろん、「能代」を根っこにね。

 講師のかとうさん、藤村さん遠いところありがとうございました!
 またぜひ能代へきてください。
 おいしいお酒を用意して待ってます~!
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2013-11-21 20:43 | 上町すみれ会 | Comments(0)