「実りの秋の朝市と だまこ鍋を満喫する会」開催!

f0231147_22405086.jpg
f0231147_2241159.jpg

 20日、夢工房咲く・咲くさんで「地域の食のコミュニティープロジェクト」主催の
 「実りの秋の朝市と だまこ鍋を満喫する会」が開催されました。
f0231147_22443668.jpg
f0231147_2245015.jpg
 
 まずは「常盤ときめき隊朝市」を楽しんで。
 その間に
f0231147_22485557.jpg
f0231147_224932100.jpg

f0231147_22534614.jpg

f0231147_22501810.jpg

f0231147_22511232.jpg

 「だまこ鍋」の準備。はるちゃんは、不調で休んだ人のピンチヒッターで
 急遽、だまこを丸めておりますよ。
 プロジェクトスタッフさんもお手伝いしてくれてます。
 デザートのむぎ巻きも彩りよく。
f0231147_2302959.jpg
f0231147_231095.jpg

 さて、「地域の食のコミュニティープロジェクト」とは、
 県立大学の谷口吉光先生が代表理事の
 「NPO法人地産地消を進める会」が
  ①地域の食材を使ったお料理をみんなでいただく。
  ②農家と消費者が交流する。
  ③お客さん同士が交流する。
  ④心と心がふれあう時間を過ごしてもらう事。
 を目的に行われています。
 県内あちこちで行われており、今回が10回目。
f0231147_23132926.jpg
f0231147_23135538.jpg

 谷口先生のお話を常盤ときめき隊チヨちゃんが熱心に聞いてました。
f0231147_2117897.jpg
 
 自己紹介や今日のメニューについての説明のあと、
 みんなで「いただきま~す!」
f0231147_21191334.jpg

 まずは、でらっと常盤産の食材でつくりました「だまこ鍋」
 チヨちゃんの放し飼い比内地鶏の出汁がいいんです。
 油がのっててコクがでてます。
 新米をつぶしてまるめた「だまこ」ももっちりしておいしく、
 かわいい赤ちゃんも2つ半も食べたそう。
 むぎ巻きもおいしそうに食べてましたよ。
f0231147_21323070.jpg

 石川さんのシシリアンルージュを湯むきして、
 ポン酢に蜂蜜少し入れたのに漬けたもの。バジルも入れてね。
 これおいしいです。夏の暑いときに冷やして食べるのが最高!
 若い人達がバクバク食べてました。
f0231147_21404770.jpg
f0231147_21411876.jpg

 なた漬け、みょうがとみずの玉の醤油漬け。
f0231147_21423526.jpg

 これは、飯バーガー。ごはんをつぶして焼いた物に
 豚なんこつとネギみそをはさんでます。
 野村さん、しげちゃんが何回も試作したんですよ。
f0231147_2251492.jpg

 デザートのむぎ巻き。
 能代の昔からのおやつ。小麦粉に牛乳、それに
 黄色は黄色にんじん、赤はビーツ、緑はほうれん草で色づけして、
 クレープのように焼いては巻き、焼いては巻きを繰り返して
 出来た物を切ったんです。
 彩りよく並びましたね。素朴なおいしさが逆に新鮮だったようです。
f0231147_22123992.jpg

f0231147_2253534.jpg

 食卓には大倉農園のたまごやぜんまいの煮付けも。
 おしゃべりも楽しくてあっという間でしたね。
 こんなふうに、作りながら、語らいながら、おいしく食べながらの
 楽しいひとときでした。
 最後は1人ずつ感想を話してもらい、終了となったのです。
f0231147_22194658.jpg

 帰りには、入り口に飾ってある野菜をセリにかけて
 持って帰ってもらいました。
 地産地消と言いますが、あらためて常盤ときめき隊の野菜のおいしさ、
 能代の伝統料理の素朴なおいしさに気づきましたね。
 谷口先生は100回を目指しているというので
 またの企画を楽しみにしましょう!
 ごちそうさまでした!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2013-10-22 23:19 | 上町すみれ会 | Comments(0)