「能代春慶塗」に25年も恋してた方が!

 ブログを通じて「能代春慶塗」に来てくれることになった人が。
 遠くからクルマを運転してきたんです。
f0231147_21433933.jpg

f0231147_2146384.jpg

 春慶塗のおばちゃんには連絡していたので、待っててくれました。
 この方は、学生時代に春慶塗りを初めて見て、
 蜂蜜色の漆の色や木地の美しさに感動したそうです。
 大人になって家族が出来たら、絶対「春慶塗」を買うんだと
 心に決めて、お仕事をがんばってきたとのこと。
 なのでお店に入ったとたん、感嘆の声を上げて興奮してましたね。
f0231147_226292.jpg

f0231147_2262358.jpg
f0231147_2271555.jpg

 いろんなのを見せてもらいます。
 こういう機会はめったにないので、一緒にじっくりと。
 しまっておくのではなく、普段に使えるものが希望ですよ。
 ずいぶん迷って迷って購入してくださいました。
f0231147_23232121.jpg
f0231147_23233773.jpg
f0231147_2324761.jpg

 木箱から、お茶に使う水指やお菓子重も見せてもらい感激!
 やっぱりいい色ですねぇ。
f0231147_23305792.jpg

f0231147_23301364.jpg
f0231147_23303244.jpg

 誰もいない作業場とおばちゃんの笑顔に、なんとも複雑な気分ですね。
 このすばらしい伝統工芸が途絶えてしまうのです。
 
 在庫限りの販売となっております。
 おばちゃんいつまでもお元気でね。
 うちの春慶塗り大切に使わせてもらいます!
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2013-08-24 22:30 | まちなか紹介 | Comments(0)