子ども館で「ろうそく作り」が!

 8月6日「まち灯り・夏」イベントが、役七夕とともに行われます。
 今年の役七夕当番町である万町からのお願いで。
 
 なので「まち灯り・夏」で、スギ灯りに灯すためのろうそく作りです。
 これは廃食用油を利用したエコなもの。
 子ども達が作ってくれたろうそくが「まち灯り」を
 明るく灯してくれますね!
f0231147_22461397.jpg

f0231147_2247898.jpg

 午前と午後の2回の講座でした。
 午後からは、能代高校の学生さんがボランティアで来てくれました。
 子ども館の浅野さんのお話のあと、始まりますよ。
 まずは廃食用油を鍋に入れて80℃まで熱します。
 油を固める粉を煮溶かすと、
 カップに注いで芯を入れて固まったら出来上がり!
 スタッフと高校生ボランティアは、
 子ども達がやけどしないよう注意してますよ。
f0231147_22545270.jpg
f0231147_22551266.jpg

 ゆっくりじっくりと注いでもらいました。
 小さい子どもは、おかあさんと一緒に。
f0231147_22591842.jpg
f0231147_23113744.jpg

 今回も木材高度加工研究所の斎藤先生が
 廃食用油からBDF燃料を作る実験をしてくださいました。
 ゴーグルと手袋を装着すると、気分は研究者!
f0231147_23152495.jpg
f0231147_23161380.jpg

 そうこうしているうちに固まったろうそくに火を灯すと、
 何とも言えないやさしい灯りが!
 子ども達喜んでましたね。
 午前、午後合わせて100個できました。
 ありがとうございました。
 8月6日はぜひ「まち灯り・夏」に来てこの灯りを見てくださいね。
 
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2013-07-28 23:22 | 上町すみれ会 | Comments(0)