泉牧子さんが講師「6次産業化セミナー」開催されました!

f0231147_22543813.jpg
f0231147_22545437.jpg

 さて、能代ふれあいプラザ・サンピノでは
 今日の「6次産業化セミナー」コーディネーターの
 泉牧子さんが準備中です。
 農林水産省6次産業化ボランタリープランナーとして
 活躍していらっしゃいます。
 すみれ会会員はじめ、常盤ときめき隊、
 能代市連合婦人会や果樹農家の方など
 農業や食に興味のある方が、たくさん来てくれました。

f0231147_235188.jpg
f0231147_2351996.jpg
f0231147_2355383.jpg

 今日は「6次産業化セミナー」。
 テーマは「食べ物の現場は農業!」で
 これからの農業のヒントがいっぱいですよ。
 この様子は、北羽新聞、秋田魁新聞さんが取材してくれました。

 まずは、1985年から2000年を比較して分かることから
 国民が支払う飲食費は増大したのに、
 農水産物の国内生産額は減少したこと。
 では、何が増えたかというと、加工品、外食費なんです。

 わが秋田県はというと、秋田県の老年人口割合は全国2位、
 生産年齢人口割合、年少人口割合、自然増加率、社会増減率は
 全国45位から47位をキープ。
 65歳以上農業者の比率は、1960年は1割だったのが、現在では6割と、
 農業する人がどんどん高齢化して、減少している現状です。
 米生産量も減少し、消費量は過去40年で半減ということから、
 このままでは「地産地消」の「地産」もままならないことに。

 
f0231147_23393432.jpg
f0231147_2340597.jpg
f0231147_23402144.jpg

 消費者の生活も大きく変わり、加工品が好まれるようになりました。
 そこで、6次産業化がこれからの農業に必要なんですね。
 「6次産業化」というのは、第1次産業(農・林・漁業)と
 第2次産業(加工・製造)、第3次産業(流通・サービス)を掛け合わせた産業のこと。
 たとえば、農家で作った漬け物、ジャム、お菓子などを産直で販売するとか。
 生産から、加工販売まで手がけようというものなんです。
 
 農家の方々も、そこは分かってても、どう進めたらいいのかと
 悩んでいるようです。
 なので、みなさん真剣に聞いてます。
 売れる農産物のヒントは
 「視点を農産物が消費される場面」に合わせること。
 作る立場からでなく、消費者の志向に合わせた商品の開発が大事だそうです。
 この考え方は、商店でも同じですね。
 泉さんは、秋田市の高校生と一緒にトマトを利用して作った
 トマトのババロアがコンビニで販売されていること。
 三種町産乾燥そら豆と、天然醸造味噌で作った「手仕込み豆板醤」が
 有名中華料理店で使われていること、などを教えてくださいます。
 食べ物は「命」につながるので、命のあるもので
 添加物を使わず、伝統・過去を生かして作りましょう。
 地域で売れない物は、他でも売れないんですよとのこと。

f0231147_10561385.jpg
f0231147_1057684.jpg
f0231147_10572394.jpg

 相談窓口はどこへ行ったらいいのか、などの質問に答えたり、
 補助金の利用についてなどの説明がありました。
 泉さんのような相談に乗ってくれる人がいると
 本当に心強いですね。
 最後は、みなさんでじゃんけんして勝った人に、
 泉さんから今日の製品のおみやげが!
 鹿角で作られたアップルパイは
 桐の箱に入れて3000円で販売されているそうです。
 これはおいしそうですね。
 じゃんけんで一番になった方は大喜び。

 ということで、あっという間の90分でした。
 いいお話を聞くことが出来ました。
 泉さん、ありがとうございました!

 で、ここで終わらないのが、すみれ会!
f0231147_11205612.jpg
f0231147_11211948.jpg

 夢工房咲く※咲くで、泉さんと常盤ときめき隊、すみれ会で
 お茶会です。そこで、初お目見えの物が。
f0231147_11243626.jpg

 ときめき隊のしげちゃんと野村さんが試作した
 「えごま味噌たんぽ」と「ねぎ味噌飯(はん)バーガー」です。
 泉さんが来てくれるということで、
 研究して作ってきたのです。
 う~ん!すごい!その気持ちがうれしいですねぇ。
f0231147_1130497.jpg
f0231147_11302094.jpg
f0231147_11304150.jpg

 みんなで試食してみましたが、
 味や量などは申し分なく、とってもおいしい! 
 ねぎ味噌がおいしいので、これだけでも販売してみたら、とか
 エゴマ味噌たんぽは、もう少し形を食べやすく変えたら、とか
 意見が出てましたね。
 常盤ときめき隊は、上町で日曜朝市を開催していること
 すみれ会との連携もあり、ときめきランチやイベントを利用して
 いろんな可能性があるのです。
 しげちゃん、野村さん、石川さんのやる気を感じて、
 泉さんも喜んでました。
 これからも、いろんなこと相談しながら、農業が発展していくよう
 お手伝いできたらなと思っています。

 
[PR]
Commented by 秋ヒノ at 2013-03-03 07:02 x
同窓生である泉さん、相変わらずご活躍のようで何よりです。お会いしたのは一度だけですが、秋田の農業・食に対する愛着はひとしおであるように感じました。微力ながらも遠く首都圏から応援のエールを送ります。
Commented by hakariya-haruchan at 2013-03-05 14:31
遠くからありがとうございます!
泉さん、4月からは、またまたJAでご活躍です。
10年前もすみれ会で講演していただきましたが、
活動の情熱はそのままです。
応援のコメント、どんなに喜ばれることか!
泉さんの今後の活動に注目してくださいね!
by hakariya-haruchan | 2013-03-01 23:56 | 上町すみれ会 | Comments(2)