「まちなか美術展」今回の目玉を紹介!

 さてさて、「まちなか美術展」の準備が忙しくなる中、
 今回初めての試みが出来上がってきました。
 ちょっとだけ紹介しますね。
f0231147_13313816.jpg

 「AARER」の小林さんです。
 このスギの薄い単板を利用した新しい作品を提案していますよ。
f0231147_2221926.jpg

 七夕の時の照明もそうです。
 木目が見事に出ています。
 これらの作品を見て、はるちゃんはひらめいたっ!
 この素材に、こども達に絵を描いてもらおう。
 それを「まちなか美術展」でウィンドウに展示しようと。
 おもしろそうでしょ!
 スギの木を画用紙にするんです。

 とはいえ、予算も少ない中なので、
 とりあえず100枚を用意して、少しずつ幼稚園や養護学校へ。
 今日、能代養護学校美術部生徒さんの作品を見せてもらいましたよ。
 美術部の渋谷先生が、生徒達と相談して
 仏像を描くことになったんです、とのこと。
f0231147_2235933.jpg
f0231147_22352733.jpg
f0231147_22362113.jpg

 木の肌が生きてますねぇ。
 木彫りの仏像に見えてくるよう。
 もちろん、自由にお花を描きたい!と言う子はお花です。
 これもいいですよね。
 A4サイズですが、これをどう展示しようかと考えてます。
 う~!悩むなぁ。
f0231147_2311436.jpg

f0231147_2364988.jpg

f0231147_2315671.jpg

 これは大きな作品。
 協力店のウィンドウに展示してもらいます。
 展示の仕方は、各お店におまかせ。
 これがまた楽しいんです。
 野菜と一緒だったり、鍋と並んでいたり、
 宝飾品の隣だったり。
 お楽しみにしてくださいね。
 
 この他、愛慈幼稚園、第一保育所は
 木の素材を葉っぱの形に切って、
 その中に今一番好きなものを描いてもらっています。
 これは秋田銀行の大きなウィンドウに展示予定ですよ。
 わくわくしますね。
 ささやかな、町の「美術展」ですが
 見に来た人が楽しくなるような展示にしたい!と思ってます。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2012-09-21 22:52 | 上町すみれ会 | Comments(0)