11月3日「うまれる」上映されます!

 11月になりました。
 この前初詣に行ったんじゃなかったっけ?と思うほど
 あっという間に今年もあとわずか。

 さて、若い知り合いに「おらほの産科小児科を守る会」代表の
 大谷美帆子さんがいます。
 新聞などで紹介されているので、ご存じの方も多いと思います。
 下は1歳から小学生まで、なんと3人の子どものママさんです。
 この会は2009年8月に発足というので、
 途中妊娠しながらの活動もあったんです。

 能代山本では、お産のできる病院が山本組合病院しかありません。
 知ってました?びっくりですよね。
 能代市・山本郡の産科と小児科を守るために何ができるのか、
 大谷さんを代表に、ママ達が立ち上がって作ったのがこの会。
 
 
 会報「まもるすべ☆」も6回となり、ブログやツイッターで情報を
 発信しています。
 いろんな講座を開催したりと、定期的にがんばる様子に
 体は大丈夫なのかと、いらぬ心配をしてしまいます。
 が、若いというのはこういうことか、と思ってしまいました。
f0231147_14262873.jpg

 なんと、実在の4組の夫婦を追いかけたお産のドキュメンタリー映画
 「うまれる」の上映会を開催するというのです。
 11月3日は「いいお産の日」ということで、合わせて。
 親子のかたちや夫婦のかたちについて考えたり、
 近い将来、お産をする人にもオススメです。
f0231147_15105683.jpg

 昼の部は「ママさんタイム」上映で6ヶ月くらいまでの赤ちゃんは
 抱っこして一緒に見ることが出来ます。
 3歳未満のお子さんの託児(先着順・要申込み)もありますよ。

  問い合わせは 090-7400-6444(大谷)
  おらほの産科小児科を守る会
  http://mamorusube.jugem.jp/
 
 ある人に、
 ーいまどきのママたちはすごいなぁー と話したら
 ーそうしなきゃならないほど、大変な状況なんだってことでしょー
 と、言われました。
 ほんと、そうなんですよね。  
 大谷さんはじめ、ママたちの活動を応援していきたいですね!
 ぜひ、見に来てくださいね!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-11-01 14:49 | 出来事 | Comments(0)