「能代宇宙イベント」その後!

 ちょっと遅くなってしまいましたが(パソコンが悪い)
 「能代宇宙イベント」のその後のダイジェスト!
 東海大の打ち上げは成功したのか?
 と、やきもきしていたアナタ。
 大丈夫です。無事大成功でした!ヨカッタ!
f0231147_16144135.jpg
f0231147_161523.jpg
f0231147_16151675.jpg
f0231147_16153586.jpg

 雨が降ったりとイマイチの天気の中、
 学生たちは、一年間の苦労やがんばりが詰まった
 ハイブリッドロケットを設置しています。
 ビデオ係の学生が走ってます。
 今回のロケットは二段分離機構ができるかどうかが
 ポイントですよ。
 というのに、なぜか飛んでいく写真がとれず、残念!
 でも、打ち上げ成功おめでとうございました!
 で、すみれ会会長が参加した親睦会です。
 毎年、大盛り上がりなんですって。
f0231147_16304629.jpg

 全国からの学生はもちろん、指導された先生や
 能代の大会に奔走された方々が参加しています。
f0231147_16345799.jpg

 秋田県の佐竹知事も出席。
f0231147_1636479.jpg

 秋田大学の和田先生。事務局として
 全てにおいてご尽力されました。
f0231147_16382777.jpg

 秋山先生は7年前ロケットイベントを立ち上げた際の
 事務局。通称「晴れ男」お名前はヒロアキです。
 和歌山大から毎年参加してくださいます。
f0231147_16431428.jpg

 秋田大学の土岐仁教授。2011年度の
 文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞され
 学生から花束が贈られました。
f0231147_1649965.jpg

 初年度から学生達を支援してきた
 左から、畠議員、杉浦さん、
 宇宙イベント実行委員長「神谷修」先生。
 などなど、そうそうたる方々が参加です。
f0231147_16521363.jpg
f0231147_16523236.jpg
f0231147_16524760.jpg

 秋田大学は自前でTシャツ作成、
 恒例の裸で腕立て伏せの余興あり、
 国際教養大は「チラシ、ポスター」作成で初参加。
 アンディー先生と頑張ってくれました。
 親睦会から
 ・本格的な宇宙開発は「楽しい」ことから。
 ・新しい冒険が日本を創る。
 という「名言」が。
 このイベントは、若い人たちの夢を応援できると
 いうことがいいんですよねぇ。
 なにより、かわいいんです。大学生たちが。
f0231147_1791839.jpg
f0231147_1793724.jpg

 ほっとステーション最終日。
 片付けの合間に、すいかの差し入れです。
f0231147_17123014.jpg

 記念撮影でまた来年お待ちしていますよ!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-09-02 17:13 | 出来事 | Comments(0)