自治会で災害会議がありました。

 大震災から一週間がたちました。
 上町自治会では、自主防災の8ブロック長と役員、
 民生委員の万町の船山さん、
 能代市包括支援センターの松田さん、
 北羽新聞記者が参加して、地震時のことや、問題点
 こうしたらいいという意見交換を行いました。
f0231147_21383198.jpg

 上町自治会では、上町を8つのブロックに分けて
 それぞれにブロック長をおき、いざというときに
 ブロック内の住民の安否確認をして、防災責任者へ
 報告、それが自治会長へ報告されるという仕組みが
 できています。
f0231147_21441179.jpg
f0231147_21442421.jpg

 各ブロック長さんは、当時のことを振り返りながら
 特に、一人暮らしの方や高齢者の様子を話してくれました。
 みなさん気丈にされていたようで、安心しました。
 
 電池がなくてラジオが聴けなかった。
 地元能代の情報が聞けなくて不安だった。
 電気が止まってストーブが使えなくて大変だった。
 などのお話がでていました。

 あるブロック長さんから、一週間たってもう一度
 高齢者や一人暮らしの住民の様子を見に行って
 聞き取り調査をしようと思っている
 ということがでて、みなさんそうだね~と。

 包括支援センターの松田さんから、一人暮らしの人の
 ふれあい電話についてと地震後の安否確認についての報告
 があり、そこでも確認されていることを知りました。
 民生委員の船山さんも次の日担当をまわってくれたとのことで
 それぞれが、身近な人を守っているのだと知りました。
 こういった住民どうしの情報交換ができて
 本当に良かったと思います。

 最後に上町自治会が被災者のためにできることとして
 除排雪や災害時のための災害基金から
 義援金を送ることになりました。
 上町すみれ会からも少しですが義援金を送ります。
 どうか役立ててください。

 自治会長さんが「助けにくるまでがんばるぞ~」という
 役に立つ資料を用意してくれましたので紹介します。
f0231147_22141957.jpg
f0231147_22143271.jpg
 
 どうぞ参考にしてください。
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-03-18 22:21 | 上町すみれ会 | Comments(0)