享保雛紹介します。

 はるちゃんは知っているんです。
 享保雛があるうちが。
 まっ、親戚なんですけどね。
 もともとはうちにあったものだそうですよ。
 ということで、お願いして見せていただきました!
f0231147_1242371.jpg

 おばあさんに、話は聞いていたのですが、
 初めて見て、その大きさと気品に感動!
f0231147_1263418.jpg
f0231147_1271590.jpg
f0231147_1273678.jpg

 高さは50㎝位あると思います。
 古い物なので、動かさないようにショーケースを
 作ってもらって、防虫剤とコップに水を入れて湿度を
 保つなど、大切に管理していましたね。
 このお顔、なんとも品があっていいですよ。
f0231147_12155480.jpg
f0231147_12162131.jpg

 お着物も布地がいいものですね。
 かんざしは下がっていた飾りが壊れてしまったとのこと。
f0231147_1221416.jpg
f0231147_12212389.jpg

 何回見ても見飽きない、すてきなおひな様でした。
 これは昔撮った写真だそうで、
 こんなふうに飾っていたとのことでした。
 今は、内裏びなだけ残して、その他は処分したそうです。
 北前船で遠いところから、能代へ来たお雛様。
 長い年月の間、大切にかわいがってもらったのでしょう。
 能代の大火も逃れて、ここにいると思うと
 見ることができて、本当にうれしいですね。
 
[PR]
by hakariya-haruchan | 2011-02-18 12:30 | まちなか紹介 | Comments(0)