「籐、つる細工」のかごがいっぱい!

 能代には工芸のすばらしい人がいるんです。
 「籐、つる細工」の工藤愛子さん。
 県展の工芸の部門で毎年のように入選されています。
 商品の陳列に盆ざるのような、できれば手作りの物がほしい
 ということで、すみれ会会員に紹介してもらって
 出かけてきました。
f0231147_20401813.jpg

 末広町のお宅に行くと、玄関の飾り付けがクリスマス!
 後ろの作品は県展で入選したものだそうで、編み方が
 全部違っていて、すばらしいですね。
f0231147_2050505.jpg

f0231147_20514723.jpg

 部屋に通されると、ざるがたくさんで、前もって
 お話ししていたので準備してくれたのでした。
 どれもすてきな物ばかりで、目移りして選べないっ。
f0231147_2054564.jpg
f0231147_20552049.jpg
f0231147_20553555.jpg

 いろんな作品がいっぱいですが、教室を開いているので
 見本としてあるんですよ、と言ってました。
f0231147_20584686.jpg
f0231147_2059739.jpg

f0231147_2114028.jpg

 特に「かご」がすばらしく、いろんな素材のいろんな種類が
 あって、それでまた、あたらしいのに挑戦していました。
 作ってみたいものが、次から次へと浮かぶようでしたね。
 編み始めてから30年になるそうですが
 まだまだ勉強中で、講習会にも出かけているとのこと。
f0231147_2164655.jpg

 これは「かんなくず」で作った作品
f0231147_2172742.jpg

 「風の松原」という題の作品
f0231147_2183067.jpg

 籐の家具も。
f0231147_219688.jpg

 これがはるちゃんのお気に入り。
 素敵な作品ばかりでしたが、コーヒーと自作のバナナケーキが
 おいしくて、初めてお会いしたのにすぐにうちとけられる
 お人柄も素敵な方でしたね。

 来年には、うちの店で展示会なんてどうでしょう?
 はかり屋が素敵になると思うのですけど。
 今日、購入した作品がどういうふうになるのか
 お楽しみに!
[PR]
by hakariya-haruchan | 2010-12-23 21:17 | お気に入り | Comments(0)